神川輪業ブログ

BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

昨日は久しぶりに区役所近くのビオトープに行きました。

普段ならメダカ、サワガニ、カエルなどもいるのですが、

ヌマエビしか見つかりませんでした。

雨水管出口と福田川の間にある土手ビオトープなので、

昨日は水質が悪かったのかもしれません。

 

 

 

さて、お客様のご依頼で三輪の電動自転車に

後チャイルドシートを取り付けました。

 

 

 

 

今まではハンドル部分に取り付けるタイプのチャイルドシート

だったのですが、大きくなってきたので後に乗せたいとのご依頼。

 

 

巨大な後ろかごを外し、その取り付け部に

土台を鉄工所で作ってもらい、それに市販のチャイルドシートを

付けるプランと今回のプランを選んで頂きましたが

「後にも荷物を載せたい」という事でしたので

シートチューブに取り付けるタイプの市販品をチョイス。

 

 

 

 

多少の加工・部品変更を行い何とか出来ましたが、

正直もうやりたくないな~。

部品が廃番になっちゃいましたし、時間もかかるし、場所も取る。

最初で最後のカスタマイズかと。

 

 

同じ事をやりたい方はほとんどいないでしょうが、

もしいらっしゃったらその際は購入店さんにご相談なさって~。

 

 

 

先週、ご家族の自転車をまとめて(電動2台、子供車1台)

点検させていただきました。

 

 

3台ともに大きな問題はなく終わったのですが、

お母さんの電動自転車の後ブレーキの効きの弱さを感じました。

 

 

それもそのはず、

 

 

 

 

この3台、大きさも重さも全然違うのに後ブレーキは一緒なんですよ。

 

 

 

 

90mmフィンのローラーブレーキ。

ちなみに前ブレーキもそんなに変わらないです。

 

 

来年の点検時には後ブレーキは交換しましょう

とご提案いたしました。

 

 

 

土日のドタバタがやっと落ち着き、

睡魔と闘いながらのんびりブログしています。

明日は雨予報ですが、大阪からのご予約もあるし

作業待ちの自転車もあるので、晴耕雨読とはいかなさそう

 

 

 

さて、春になるとドッとご来店も増え、作業も増えますので

せっかくご来店いただいても当日中に出来ない場合がございます。

 

 

 

お預かりし、後日お渡しといった対応でしたら

出来る場合もございますが、台数が多すぎて

お預かりすら出来ない時も結構ございますので、

出来る限り事前にご連絡いただいた方がよろしいと思います。

 

 

車いすのタイヤ交換

2022年3月8日

今朝も皮膚科に行ってきました。

予約は3番目(前回は118?)で診察もあっという間。

学校に送って行っても10時には仕事に戻れたので

影響は最小限に抑えました。

 

 

 

「メーカーに車いす持ち込んだんだけど、サポート終了で

修理できなかったのでそちらで修理していただけますでしょうか」

とのお電話を頂きました。

 

 

「ひえ~、メーカーで出来ないならうちでも出来ませ~ん」

と心の中で思っていたものの、20分くらいで来ると言うので

待つこと10分。

 

 

持ち込まれた車いす2台の症状は…

 

 

 

 

タイヤ交換でした。

 

 

修理のリクエストとしては「予算1台1万円、片側だけ換える」

というものでしたが、車いすは左右のタイヤが同条件なので

無事な方もすぐにダメになるし、なにより左右交換でも1万円

なんてしないので2台とも左右交換となりました。

 

 

 

いやー、ブレーキは何とかなると思うけどシートとか

フットレストだったらどうしよう、とドキドキしましたよ。

 

 

ちなみになぜ当店に連絡があったかと言うと、

「車いすの修理 神戸」で検索すると1番最初にヒット

したんですって!

 

 

介護用品の会社とかもいっぱいあると思うんですが

そういう所ではしないんですかね~。

(当店でもタイヤ以外の部品は介護用品店から購入してます)

 

 

当店では車いすの修理も受付ておりますので

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

冬の「あかぎれ」が年々酷くなってきてます。

仕事柄、すぐに手が油汚れになっちゃうのでピンク石鹸で

洗うのが原因だと思います。

ハンドクリームもこまめに塗っているのですが、

気が付いたらパクっと割れてる。

 

 

 

さて、「PAS With」の後輪スポーク折れでの修理です。

折れているのは4本でリムの振れも激しいので、

「スポークは36本全交換します。リムも交換になるかもしれません」

とお伝えしました。

 

 

 

 

なんか自転車がピカピカなんですよね、新し過ぎる。

バッテリーの販売時期を見てみました。

 

 

 

 

ふーむ、7か月しか経っていない。

どうして販売店ではなく当店なのでしょうか。

修理の腕を認められてる?修理だけの店と思われてる?

 

 

そんなにPAS WIthを販売していない当店ですが、

ちらほら修理に持ち込まれるケースが増えてきました。

数件は男子高校生で、1件は後チャイルドシート付。

 

 

スポークが折れる原因は色々とありますが、

原因の1つとして4本組が影響しているのでは?

と考えてます。

 

 

 

 

シティサイクルのスポークの主な組み方として

4本組、6本組、8本組があります。

 

 

で、数字が少ないほど車輪を軽くできるが強度は弱い。

中間の6本組(36本スポーク)がバランスが良いので他の26インチは

ほぼ6本組です。

20インチの小径車では4本組の(28本スポーク)も多いですが、

26インチではあんまり見ないですね。

 

 

で、修理です。スポークを全部外してみると、

リムは再利用出来そうです。

スポークは組み方を変えて6本組にしました。

 

 

 

 

 

さあ、試運転して連絡するぜい!

と思ったら前輪も1本折れてました。

 

 

 

 

こんなこと言うとヤマハさんに怒られそうですが、

男子高校生の通学用途と、後チャイルドシートを取り付ける

場合には他の選択肢もアリかなと思います。

 

 

知らんけど…。

 

 

ARCHIVE