神川輪業ブログ

BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

例年、年末年始は3日ぐらいしか休んでいなかったのですが、

今回は実家に帰省しますので店休期間が長くなります。

 

 

~12/27 通常営業

12/28 店舗作業のみ対応(出張修理は行いません)

12/29 店舗作業のみ対応(出張修理は行いません)

12/30~1/5 店休(12/30午前は大掃除で店にはいます)

1/6 10:30〜19:00

 

 

となっております。

新車のご注文、取り寄せ部品のご注文としては12/25ぐらいまでがリミットです。

状況により、年明けの対応となる事もありますので予めご了承くださいませ。

 

 

本年も「神川輪業」をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

2020年もよろしくお願いいたします。

 

 

番外編のブログです

 

 

「ビビライフ(かろやかライフEB)にチャイルドシート付けられない?」と

お問い合わせがあったので実際に付けてみました。

 

 

取付前

 

 

 

 

取付後

 

 

 

 

取付けたのはボバイクの「ONE mini」

15kgまでのお子様用です。

 

 

以下、雑感です

 

・OGKの前チャイルドシートだと窮屈過ぎて無理だと思う

・らくらくロックは移設した方がよいかも(手元スイッチも)

・長いハンドルポストに交換してチャイルドシートも上にあげたい。

・レインカバーは諦めた方が良い

・子供が大きくなったら後チャイルドシートどうする?

 

 

「EZ」に前後チャイルドシート付ける方もいるくらいなので

「ビビライフ」もありかもしれません。

 

 

 

毎年恒例の事ですが、年末の垂水郵便局の周りは混雑します。

駐車場のキャパが全く足りておらず道路に停車するためです。

停められない車はプールとかトーホーの周りをグルグル回って待機。

空いたスペースを奪い合う感じは「イス取りゲーム」みたい。

 

 

 

12月の初めに「チノーバ」というブランドの電動自転車を

タイヤ・チューブ交換と点検等でお預かりしました。

 

 

 

 

「急いではいません」というお客様の言葉に甘え、

1週間くらいお預かりするつもりでいました。

 

 

ちょこちょこ作業はしていたんですよ。

転倒で破損したブレーキレバーを交換したり、

後輪ブレーキがロックしたままだったの調整したりと。

 

 

で、1週間ぐらい経ち、作業時間が出来たので

「タイヤ交換して明日お返ししよう!」と思い、

作業開始するも工具が合わない!

しょうがないからモンキーレンチで緩めるか、という時に気が付きました。

 

 

「これ5角(ナット)じゃん」

 

 

 

 

通常、ボルト(この場合はナット)は6角形なのですが、

イタズラ防止の為なのか5角形になっています。

 

 

でもこの時点では軽く考えてました。お客さんに電話して、

「5角ナットの工具持っていないのでホームセンターで探してみますね」

って連絡してみたものの、いざ探してみると無い…。

 

 

それならとネットで調べてみると、どうやら車のホイールナットで採用例が

あるので「よし、カー用品店だな」と数店回るも無し…。

 

 

次の手段は通販で工具を買うというプランですが、

合いそうなのが2種類あり、1個2,500円ほど。

今回しか使わないと思う工具に5,000円(上手くいけば2500円)も

かけるのか~と躊躇している内にどんどん日は経っていきます。

 

 

パイプレンチ買ってナット交換覚悟(6角ナット化)で外すか、

ひょっとしたら工具をメーカーから借りれないかなと思い、

お客さんに相談してみたら「メーカーに聞いてみます」とのお返事。

 

 

待つ事1週間くらい。

「メーカーから工具を送って貰えることになりました」と連絡がありました。

最初っからお客さんにお願いしていれば良かったと深く反省。

 

 

で更に待つ事数日で無事に工具をお借りできました。

 

 

工具さえ手に入ればこっちのもんよ!

という感じでササッと交換(でもなかった。)

 

 

 

 

やっと完成しました。

大変お待たせいたしまして申しわけございません。

 

 

最後にチノーバユーザーの皆さん、

工具は取扱店さんなら持っているそうなのでご安心下さい。

 

 

 

今年最後の組立て

2019年12月28日

クリスマスが終わってからの数日間が結構好きです。

まだ年末感が出ていない平日みたいで。

でも今日ぐらいから、私の周りではどこか慌ただしさを

感じましたのでここからは年末感まっしぐらですね。

 

 

 

10月に修理した「SUISUI」というブランドの電動自転車の方。

状態も悪く、「買い替えを検討している」という事でしたので、

カタログをいくつかお渡ししていました。

 

 

 

 

今月20日頃、新しい自転車をご注文頂きまして

それが入荷してきましたので組立てます。

 

 

 

 

ブリヂストンは箱で来ますので組立てが必要です。

ヤマハ・パナソニックは組立てというより

調整という感じですね。(「完組」というほぼ完成品で来る)

 

 

 

 

箱から出すとこんな感じ。

何の機種か分かりますか?

とりあえず、自転車本体はほったらかしで先に前輪を調整します。

 

 

 

 

う〜ん、

「組立て途中?」というぐらいスポークの張りが緩いのが何本かありました。

で、前輪が終わったら後輪も。

 

 

 

 

あっ、機種が分かってしまいました。

そう「アルベルトe」です。以前の自転車も前輪モーターですので

ひょっとして前輪モータ好きなのかもしれませんね。

あえて、27インチ5段変速ではなく26インチ3段変速をチョイス。

 

 

そうそう、後輪の調整は前輪よりも厄介でした。

張りが弱いのもあるんですが「縦ブレ」が大きい。

メーカーさん、販売店で点検調整必須とは言え

もう少ししっかりと張って頂けると助かります。

 

 

そんなこんなで組み立ても終わり(ただ画像撮り忘れただけ)

完成です。

(1日に1台くらいしか組立てられない位の整備は行ってます。)

 

 

 

 

配達した時に「カッコイイですね」と喜んでいらっしゃいました。

早速明日からの通勤で使用するとの事ですので、

安全運転で行ってらっしゃいませ。

回生ブレーキ、結構役に立ちますよ。

 

 

タフな自転車ですが定期的なメンテナンスも欠かせませんので

その際はお気軽にご連絡下さい。

 

 

 

20代の方と「左利き」の会話をしていた時の事です。

「私も左利きですが、書くのだけは右に矯正されました」と言うと、

「あ~、昔の人はそうだったらしいですねぇ」と言われました。

確かにもう若くは無いですが「昔の人」にちょっとショックを受けました。

 

 

 

先週、パンク修理したチャイルドシート付電動自転車。

前輪リムが摩耗して結構危険な状態になっていたので

「早めに交換をオススメします」と報告した所、

交換を承諾いただきましたので部品を取り寄せておりました。

 

 

 

あんまり危険が迫っているようには見えないと思いますよね。

外して新品と比べてみましょう

 

 

 

 

私の撮影の仕方が悪いのか、状態の悪さが出なかったので

摩耗した左のリムに定規を置いてみました。

隙間が出来ている所が摩耗した部分です。

 

 

ブレーキを使っていると、「ブレーキシュー」と呼ばれるゴム部分が

削れて減っていくのは当然ですが、少しずつ金属も削れていきます。

上の画像のような状態になっていてもそのまま交換しないでいると、

ある日急にリムのブレーキ面が下の画像のように破断します。

 

 

※別にこの方に交換の提案を無視されて割れた訳ではありません。

 

 

走行中の破断はブレーキ操作が効かず大変危険ですので

もし、お店の方から「そろそろリムを交換しましょう」と言われましたら

早めに指示に従った方が安全です。(車輪ごと交換の場合もあります。)

 

 

「えっ、ホントに?(もしかして過剰整備?)」と思われたら、

違うお店でセカンドオピニオンしてもらうのも良いと思います。

 

 

特に20インチの子供乗せ電動自転車は、

その重量からの影響もありますが、小径ゆえ26インチ車よりも

同じ距離での回転数が多くなってしまいますので注意が必要です。