神川輪業ブログ

BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

昨日は垂水健康公園で子供の自転車練習をしました。

練習だけでは楽しくないので、遊具で遊んだりしながら。

午前中の1時間半ほどでしたが、楽しく過ごせました。

遊具はもちろん、トイレ、自販機もあるので練習には最適です。

 

 

 

6/16(日)までブリヂストンの電動自転車のセールを行っています。

 

 

 

 

子乗せ自転車からママチャリタイプまで、普段よりもお得なプライスに。

垂水区内(及び近郊)は配達無料ですので、

是非お気軽にご来店下さいませ。

 

 

 

今日は久しぶりに名谷駅近くに行きました。

以前は職場が近かった事もあって、駅近くのスポーツクラブで

泳いで帰ってました。今はたぶん100m泳いだら息が上がるな。

 

 

 

さて、その名谷駅付近でお預かりさせていただきました

パナソニックの「シュガードロップ」

 

 

 

 

人気ありましたね~。

後継モデルの「グリッター」はフレームこそ似てるものの、

イメージはだいぶ変わりましたね。

ヤマハの「CITY-C」の方がシュガードロップに似てます。

 

 

さて、ご依頼内容は

後パンクと前カゴを大きくしたい。

そして前チャイルドシートを外すとの事です。

 

 

前カゴって色々あるので、カタログを何冊か持って行ったのですが、

すでにご希望イメージを持っていらっしゃったので確認程度でした。

 

 

後パンクですが、溝も少なくなっているのでタイヤとチューブを

交換いたします。

 

 

あと3年使って乗り換えるとの事ですので

しっかりとメンテナンスさせて頂きます。(現在9年目!)

 

 

子供の誕生日プレゼントに買ったウーパールーパーですが、

買った妻自身がハマってしまい、

3日ほど前に今度は赤ちゃんウーパールーパーを買ってきました。

「気持ち悪い」と言ってたアカムシも今では平気なようです。

 

 

 

さて、おかげさまで垂水区内だけでは無く、須磨区、西区、明石市からも

自転車出張修理のご依頼を頂くことがあります。

先日は中央区のポートアイランドからのご依頼もありましたが

さすがにちょっと距離的に遠いのでお力になれませんでした。

 

 

ここで改めて、当店の自転車出張修理についてご説明いたします。

 

 

まずいきなりですが、基本的に「出張修理」は行っておりません。

お伺いして自転車を一旦お店に持って帰り、修理して再びお持ちする

という流れが多いです。

 

 

なぜかと言うと、パンク修理のご依頼で道具を持って行っても、

実はパンク修理では対応できず、タイヤ交換や

スポーク折れの追加作業がある事が結構あるからです。

(他の症状でも同様ですね。)

 

 

次に対応可能地域、出張料金ですが、

 

○エリア

・垂水区全域
・須磨区 須磨駅より西側
・西区 伊川谷駅・学園都市駅近辺より南側
・明石市 明石駅より東側

 

○出張料金

垂水区の場合 出張費800円+修理代
垂水区外の場合 出張費1,000円+修理代
※当店お買い上げ自転車は垂水区内無料、垂水区外は500円

 

 

お伺する際にある程度のご希望日時はお伺いしておりますが、

週末やご予約が入っている時などは、

ご希望通りには行かない場合もございます。

 

 

最後に気になる費用ですが、一番ご依頼が多い

電動自転車の後タイヤ関係の修理の場合、

 

パンク修理 1カ所 1,000円~(1カ所増えるごとに200円)

チューブ交換 3,000円~(肉厚チューブの場合)

タイヤ(とチューブ)交換 5,000円前後が多いです。

 

これに出張代金が別途かかります。

 

 

自転車の修理はもちろんですが、

(しばらくのっていなかったので)点検して欲しいとか、

チャイルドシートを通販で買ったので取付けて欲しいなどの

ご要望も大丈夫です。

車いすの修理もお受けしております。

 

 

ご依頼から1時間でお渡しできる作業もあれば

数日(数週間になることも)お預かりになる場合もございますので

まずはお気軽にご連絡下さいませ。

 

 

 

 

当店の注文ページに掲載している商品を3機種、

最新版に更新しました。

 

 

パナソニックの「ハリヤ」「ジェッター」「オフタイム」の2019年モデルが

発売されました。

 

 

 

「ハリヤ」の主な変更点はLEDライトですね。

今までのはコンパクトだったのですが少し暗かったです。

 

 

 

 

「ジェッター」はLEDライトの変更もありますが、

ディスクブレーキをやめて、Vブレーキに戻してきました。

値段もちょっぴり安くなっています。

 

 

 

「オフタイム」もライトの変更がメインですね。

グレー×イエローの組み合わせ、結構好きです。

 

 

掲載はしていないのですが「EZ」も同様にライトが変更になって

発売されています。

 

 

 

 

掲載自転車の配達エリアは

・垂水区

・須磨区 須磨駅近辺まで

・西区 西神近辺より東側

・明石市 明石駅近辺より東側

 

※配達地域は、多少の融通は利きますので、

詳しくはお問い合わせくださいませ。

 

 

自転車はコチラ→ご注文ページ

パーツ・用品はコチラ→パーツご注文ページ

 

 

掲載していないヤマハの電動自転車、

その他、折り畳みやシティ車、スポーツ車等リクエストありましたら

お気軽にご連絡下さいませ。

もちろん店頭のご来店もお待ちしております。

※パーツ・用品は垂水区内限定配達とさせていただきます。

 

 

 

昨日は午前中だけですが、「スマスイ」へ行ってきました。

イルカショーも見れたし、ウミガメ、ペンギンのエサやりもしたし、

綿あめと、かき氷も食べれたので満足です。

ただ、もう屋外イベントは暑いので熱中症対策はお忘れなく。

 

 

 

ご注文頂いておりましたブリヂストン「リアルストリームミニ」が

火曜日に入荷したのですが、ようやく今日組み立ててます。

 

 

 

 

当初は兄弟モデルのヤマハ「PAS CITY-X」をご検討だったのですが、

息子さん(?)の「リアルストリームミニのブルーの方がいい」という事で変更。

 

 

「PAS CITY-X」と「リアルストリームミニ」、まあ、ほとんど同じ自転車でして

・前カゴの有無(リアルストリームミニが標準装備)

・Vブレーキ

・装着タイヤ

・手元スイッチ

・グリップ・サドル

ぐらいしか変わりません。(えっ、結構違う?)

 

 

さて、段ボール箱から出して組立て。

私はいつも前輪の点検、調整から始めます。

 

 

 

 

 

これは、車輪が車体の中心に来るか確認していますが、

3mmほど隙間があるので、どちらかに寄っているということです。

(矢印とライオンが被ってますね)

 

 

前輪の調整が終わったら、後輪も行います。

 

 

 

 

車輪の振れ、ニップルの状態、先ほどの画像のようにセンターにいるか

も確認・調整しますが、チェーンの張りも調整します。

張り過ぎていると抵抗になりますからね。

新車は上限まで張っていますので、緩める方向に調整しました。

 

 

この後もいろいろ点検と調整を行い、ペダルを付けて「完成~!」

と思ったのですがペダルの回転がかなり悪い、というか回らない。

 

 

最後の最後にペダルのベアリングも調整して完成!

あっ、そうそう、スタンドは両足スタンドに交換しています。

L字タイプじゃないのがオーナーさんのこだわり。

 

 

 

 

こうやって組み立てられた自転車は、

工場出荷時のまま乗るよりも、走って気持ちのいい自転車になります。

 

 

WAXでキレイに仕上げて、あとは書類作成です。