神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

これであなたも品番マニア(ヤマハ編)

2017年8月14日

一昨日昨日とお伝えいたしました「これであなたも品番マニア」

いよいよ最終回のヤマハ編です。

 

 

ブリヂストン「アシスタDX」、パナソニック「ビビ・DX」の同等機種をヤマハで言えば

「PASナチュラXL」、品番(ヤマハは「型式」という)はPA26NXL

 

 

では、こちらも品番の詳細を。

 

 

PA26NXLの「PA」は「PAユニット」の事。2014年頃までは「PMユニット」を採用

PA26NXLの「26」は「26インチ」の意。「24インチ」なら「24」となります。

PA26NXLの「NXL」は「ナチュラXL」の意。「ナチュラM」なら「NM」となります。

 

 

これだけですので簡単に思えるでしょ?

ブリヂストン編の最後に「ヤマハが一番理解しにくい」と書いたのにね。

 

 

実はこの簡単な品番がやっかいなんです。

PASナチュラXL(PA26NXLは今年のニューモデルですので問題ありません。

ロングセラーモデルの「PAS シティX」で見てみましょう。

品番はPA20CX、これが2017年モデルの品番です。

で、2016年はというとPA20CX。あら?

2015年もPA20CX。あらら。

 

 

他の機種はどうでしょうか。

PASミナ・・・2017年モデルは「PA26M」、2016年も2015年も「PA26M」

PASアミ・・・2017年モデルは「PA26A」、2016年も2015年も「PA26A」

PASワゴン・・・2017年モデルは「PT16」、2013年からずっと「PT16」

 

 

そう、ヤマハは年数や何代目かを表記していないので、

品番からは特定しにくいんです。

これ、販売店側は結構大変で商品管理するのに大体は品番を使用するのですが、

品番だけだと新型か旧型か分からない・・・(JANコード管理なら楽ですが)

シティXが来年も「PAユニット」を採用したらPA20CXのままでしょうね。

 

 

じゃあヤマハはどうやって年式を判断するの?となりますね。

ヤマハは「号機番号」という独特のナンバーで識別します。

※インターネット経由で確認しなきゃいけないので少し時間がかかる。

 

 

 

ユーザーさんにとっては、品番よりも号機番号の方が重要です。

故障して部品だけ取り寄せたい場合、号機番号だけ控えておきましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか、夏休み特別企画「これであなたも品番マニア」

他にもフレーム番号やバッテリーのロット番号など、まだまだ紐解いていくと

「なるほど~」ってのもあるんですが、それはまた別の機会に。