神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

「CITY-X」の納車整備

2019年1月15日

日曜日、西神へ自転車の配達帰りに寄り道して

以前同じスポーツクラブにいたご夫婦の所へご挨拶に伺いました。

スイミング仲間ですね。

帰りにラッキーエビス?、ハッピーエビス?を頂いたのですが、

お酒飲めない私には宝の持ち腐れなので義父にプレゼント。

 

 

 

 

 

さて、「シュッ」とした自転車希望だった方の「CITY-X」ですが、

やっと組み立てて納品いたしました。

(ホントは2~3日前に載せるつもりでしたが子供の風邪で遅れました)

 

 

 

 

ヤマハとパナソニックはほぼ完成状態で入荷するので

準備なんて簡単そうに見えますが、さらに手間をかけてあげる事で

もっと良い自転車になります。

 

 

この時点で分かったのは

・チェーン張り過ぎ気味(一応、適正範囲内ではある)

・ハンドルベアリングに抵抗感(操作が重い)

あとは点検しながら見ていきましょう。

 

 

まずはいつものように前輪を外してチェック。

 

 

 

 

「CITY-X」はブリヂストン「リアルストリームミニ」と兄弟モデル。

サドルとか前カゴ、前ブレーキ、タイヤなんかは違いますが

同じ自転車といってもよく、両車ブリヂストンの工場で作られます。

そしてこのタイヤ、ブリヂストンのラベルが貼ってあるので

ブリヂストンの販売店でも注文できそうですが、

ヤマハ経由じゃないと入手できないんです。(大人の事情ですね)

 

 

車輪の振れ、センター出しの確認や玉当たり調整などをしたら

車体に戻します。

そして気になっていたハンドルの重さを調整し直します。

 

 

 

 

ベアリングを締め付けているナットを緩めていくんですが、

新車の状態で緩めすぎると、ベアリングが馴染んだ時に

ガタつきが出る事がありますので「まだ少し重いかな」という所で

作業を終えました。2か月後の初回点検時に再チェックです。

 

 

 

 

後輪も前輪と同様に外して確認です。

ここでチェーンの張りも弱める方に調整しました。

 

 

他にも色々と確認や調整をして完成です。

グリス塗ったり、角度変えたり、締付確認したり。

 

 

 

 

さて当店、「ヤマハ」は取り扱っていないと思われている事があります。

もちろん取り扱っているのですが、実は近くの大型チェーン店さんと、

同じく近くのヤマハのバイク屋さんが「ヤマハ推し」なので

当店ではあえて一歩引いています。

 

 

みんながみんな「ヤマハ推し」だと面白くないでしょ。

でも組立て、調整させたらたぶん負けません。