神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

さて、どう解決しましょうか。

2020年10月29日

のどを痛めてしまいました。

昨日、朝起きたらのどに違和感。

とりあえず日中様子を見ましたが、改善しなそうなので

夕方病院に行きました。

早めの対処が効いてくれたらいいのですが。

 

 

 

「また後輪がパンクしました~」と持ち込まれた電動自転車。

 

 

定期的にパンクするそうです。

「空気は定期的に入れてますか」と尋ねると

「入れてます」との回答。

「どうすれば良いですか?」とのご質問がありましたので

「まず、今回のパンクの原因を調べ、それから対策しましょう」

という事でお預かりしました。

 

 

で、チューブを見てみると

 

 

 

 

かなり擦れています。

原因はチューブが低圧の状態でタイヤと擦れ合い、壁が薄くなっていき

最終的に〇印部分に穴が開いてパンクという流れです。

 

 

なぜ後輪ばかりパンクするかというと、

一般車の場合、体重は後輪に集中してかかるからです。

ここまで傷んでしまうと修理というか、交換になってしまいます。

 

 

で、対策。

 

 

簡単にいうと「空気を毎月しっかりと入れてください」

となるのですが、それでは今までとおなじですので、

私のおすすめは「スポーツサイクル用の空気圧計付き空気入れ」

で管理する方法です。

トンボ口(とんぼぐち)が付属している空気入れが英式には使いやすいです。

 

 

なお、一般車に多い「英式バルブ」では正確な

空気圧を計る事は出来ませんが、大体の目安にはなります。

当店ではトピークの「ジョーブローマックスHPX」を使っております。

虫ゴムの抵抗もありますので3bar指定なら空気圧計が4bar指していたらOK。

 

 

より正確に測りたいならパナレーサーから販売されている

英式から米式に変換できる「エアチェックアダプター」を使用する

のもいいですし、チューブを米式に交換してしまうのもありですね。

どちらも「空気圧計付きの空気入れ」が必須ですが、

月に1回程度管理する事でパンクの頻度を抑える事ができます。

 

 

何回もパンク修理による出費と時間のロスが

4,000円から5,000円の空気入れで解消するので一家に1個は

あったほうが良いと思います。