神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

ベルト車のスポーク交換

2020年1月9日

薬って凄い。

肺炎手前までいっていた私の気管支炎。

吸入ステロイド剤(と通常の服用薬)を処方してもらったのですが、

咳で2時間くらいは寝付けなかったのが全くでない。

早く良くなるといいな。

 

 

 

「針金みたいなのが折れて動かせない」というご依頼を受け

修理預かりに行ってきました。

 

 

針金みたいというのはスポークの事だとすぐに分かりました。

以前、「タイヤの上の蓋が壊れた」と言われた時は

「タイヤの上のフタ???」となりました。(ドロヨケの事でした)

電話での状態確認って難しいですね。

 

 

で、お預かりした自転車はこんな状態でした。

 

 

 

 

伸びた麺のように縮れていますが、

走行できるように他のスポークに巻き付けようとなさったようです。

(結果的に走行できなかったとの事)

 

 

今回の修理は厳密には「スポーク折れ」ではなく、

「ニップル破損」なので、スポークさえ無事なら

比較的簡単な修理で直りました。

 

 

ですが、こうなってしまってはスポークも交換が必要となりますので

車輪を外して、ブレーキも外してと少し大事になります。

ベルト駆動の自転車なのですが、チェーン駆動の自転車と作業は同じ。

(お店によっては作業を受けなかったり、追加料金がかかる場合もあります)

 

 

ニップル破損でスポークがプラ~ンとなった場合、

近くにセロテープ(結束バンドも可)などがあれば隣のスポークに

貼って応急ができますので是非覚えておくとよいですよ。