神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

バッテリーの実走テスト

2019年12月23日

「トップガン」の予告編を見たら早く観たくなってきました。

30年経っているのにトム・クルーズは老けませんね。

公開は2020年夏なのでまだまだ先です。

 

 

 

さて、先日点検した「ビビ・DX」

しばらく乗っていなかったという事で

点検中にバッテリーの充電も行っていたのですが、

空の状態だったのに1時間もしないで満充電になりました。

(8Ahなので通常は4~5時間くらいかかる)

 

 

「ん?おかしいな」と思いバッテリーの簡易診断した所、

問題無し。1~2分坂道を走ってみても残量に変化なかったので

「簡易チェックでは問題無しでしたが、充電があっという間に終わったのが気になります

少し様子をみて下さい」とそのままお渡ししました。

 

 

数日後、「走行中に電源落ちる」というご連絡がありましたので

あっ、やっぱりバッテリー(の電圧降下によるシャットダウン)だなと思い

バッテリーだけお預かりしてきました。

1~2分の走行じゃ分からないので、試乗車にセットして通勤で確認します。

 

 

 

 

お店から家までは問題なし。

負担をかけるために「3」の変速で登り坂も試しましたが2kmの距離を

残量計が減る事も無く着きました。

 

 

迎えた次の朝、やはり快調です。

「あれ?、問題ないな」と傾斜20%ぐらいの坂道を登っていると、

急に電源落ちました。(嬉しかったけど同時に「ここから歩きか~」と。)

残量ボタンを押すと赤点滅しています。(さっきまで5つ点灯してたのに!)

 

 

急な坂道をゼイゼイ言いながら押して登る事になりましたが

これでバッテリーが原因だと特定できました。

お店で簡易診断行うと相変わらず問題無し、電圧も28.5Vあるが残量はゼロ。

(通常なら空だと25V前後まで落ちる)

 

 

セルバランスの崩れか深放電の影響か、経年劣化かまでは特定できませんが

要交換なのは間違いなし。

交換バッテリーは8.9Ahに少し容量アップしていますが4万円ぐらいします。

 

 

取りあえずお客さんに報告ですね。