神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

バッテリートラブルが多かった今年の夏

2019年9月1日

子供とスーパーに行くとお菓子をねだられる訳ですが、

おまけ付きのお菓子(というかお菓子がおまけ程度)は結構高く、

300円400円は当たり前です。先日、プール帰りの親子が「240(円)は?」

「あかん!」といったやり取りをしていて、どこも同じなんだなと思いました。

 

 

 

さて、去年の夏と比べ、今年の夏は暑かった期間が短かったのですが

暑さが原因と思われるバッテリートラブルは今年の方が多かったです。

 

 

 

 

なぜ暑さが原因と判断したかというと、バッテリーの診断機にかけると

「バッテリー温度が50度以上になった履歴があります」と表示されるからです。

 

 

リチウムイオンバッテリーは熱によって劣化するスピードが高まります。

特に満充電時やそれに近い状態の時の高温はダメージが大きい。

 

 

直射日光で毎日50度以上に置かれる状況が連日続きますので、

1年2年は耐えれても、3年4年となると意外と寿命が早く来るかもしれません。

 

 

対策として、夏季は直射日光下に放置しないというのが1番かと。

当店の試乗車も真夏(と真冬)は店内保管です。

ただ、現実は出先での駐輪もある訳ですから、その場合は

出来るだけ満充電に近い状態じゃない方が劣化は少ないです。

 

 

走れる距離が短くなったり、充電が早く終わったりする場合は

寿命が来ているかもしれませんので

お近くの自転車店で調べてもらいましょう。

 

 

パナソニックのホームページでは

「電動アシスト自転車のバッテリー寿命は? 容量別の交換目安と長持ちさせるコツ」

ヤマハも

「バッテリーを長持ちさせる上手な使い方を教えてください」

ブリヂストンは

「長持ちさせるバッテリーの使い方はありますか?」

で長持ちさせる方法が掲載されておりますので是非ご覧ください。