神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

濡れた道路は滑りやすい

2019年8月20日

「ずんっ!ずんっ!ZooooN!」という動物を捕獲するゲームがあります。

この夏、子供がハマっていて暇さえあればおじいちゃんを誘って

イオンジェームス山店でプレイしてます。確かに面白いのですが、

ハンドルをぐるぐる回す必要があって結構疲れます。

 

 

 

さて、「転んだので修理して下さい」とか、

「転んだのでどこか壊れていないか見てもらえますか?」と言われる事が

結構あります。

 

 

雨は止んだけど、路面はまだ濡れている状況での転倒が多いですね。

そのほとんどが、マンホール通過時や車道から歩道に上がる時に、

「前輪が滑って転倒」していらっしゃるようです。

 

 

濡れた路面は乾いた路面の2倍滑りやすいとも言われております。

それがマンホールなら、当然もっと滑りますね。

 

 

で、出来るだけ転ばないようにするには

濡れたマンホールやグレーチング(格子状の排水蓋)の上を避ける事です。

どうしても上を通過しなきゃいけない状態なら、加速も減速もせずに

自転車を起こした状態で通過しましょう(自転車が傾いていると滑りやすい)。

 

 

 

 

歩道に上がる際は、衝撃を嫌って斜めから侵入する事が多いと思いますが、

出来るだけ歩道と直角になるように侵入する事で、滑って転倒する事を防げます。

 

 

 

 

後輪は多少滑ってもある程度はコントロールできる場合がありますが、

前輪が滑ったら転ぶ確率が高いので、

普段よりも速度を抑えて安全運転をお願いいたします。