神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

バッテリーの健康診断

2019年8月16日

強風時のドアの開閉って凄く怖い。

子供の場合、簡単に力負けしますもんね。台風去って一安心です。

今週初めに、仰向けで死んだように浮かんでいた子ウパ。

妻は動揺していましたが、ただの「エア食い」で潜れなかっただけでした。

 

 

 

 

 

今朝、「バッテリー残量が70%くらいになったら走行中、急に電源が落ちる」

というお電話があり、バッテリーをお持ちいただきました。

 

 

走行中に電源が落ちる(ヤマハ車の)場合、どこが悪いか大体予想出来るのですが、

取りあえずバッテリーチェックです。

 

 

結果から言うと「A判定」で、バッテリーはたぶん大丈夫。

「たぶん」というのは2点ほど気になるのがあったから。

 

 

 

 

「バッテリーが高い温度にさらされていた」というデータが残っています

と診断されてますね。

高温下(50℃以上)でバッテリーにダメージが出ている可能性もあります。

 

 

更に、

 

 

 

 

215回充電した内、残量が80%以上ある時に71回も充電しています。

アドバイスに表示されている通り、満充電に近い状態で充電するのは

劣化を進めてしまいますのであまりおすすめしませんが、

今回の場合、70%ぐらいで電源が落ちてしまうようだったので、

ある程度は仕方ないと思います。

 

 

バッテリー残量があるのに電源が落ちてしまう(ヤマハユニットの)場合、

バッテリー以外では本体の端子部に問題がある事が多いです。

 

 

※イメージ画像

 

 

端子部の汚れや酸化によってバッテリーとモーターの通信が上手くいかず、

電源が落ちてしまうんですね。

 

 

接点復活スプレーで掃除したり、やすりがけして対処する事もあるのですが、

一番効果があるのは端子交換です。

 

 

バッテリーに多少気になる部分はあるものの、「A判定(新品が100なら81~90)」

だったので、修理金額の安い端子交換をまず行い、

それでもあまり改善しないようでしたらバッテリーもと言う流れで作業します。

 

 

でも盆休み中なので、部品が来るまで少し時間がかかりそうです。