神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

交換して2ヵ月でチューブ摩耗?

2019年6月27日

ようやく梅雨入りした昨日の休日は、送迎ばかりしていました。

妻の仕事、子供の習い事、妻の習い事。

まあそんな中でも先週買ったピンポンパールの水槽移動までは

出来たので良しとしましょう。(今まではプラケースで塩浴)

 

 

 

朝、修理依頼があり、近くまで電動自転車のパンク修理預かりに。

 

 

タイヤが新しいので聞いてみたら、

2か月ほど前にタイヤとチューブを交換したとの事。

 

 

「じゃあ何かが刺さったのかな」と思って

お店で見てみたらチューブがボロボロで要交換

 

 

 

 

これだけ削れカスがでるなんて、2か月間フルに低圧状態じゃないと

ほぼありえない。タイヤにサイドにも5cm以上ある亀裂が入ってました。

 

 

そして更に残念な事にフレームが広がってます。

たぶん、作業時に「バック拡げ」を使用したのではないかと。

 

 

垂水区にまだ「バック拡げ」を使っている自転車屋があるんですね。

とても残念です。

 

 

 

修理はチューブ交換となりましたが、タイヤも亀裂が大きいので

早めの交換がいいですね。

そしてなにより、強引に拡げられたフレームは元には戻りません。