神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

2011~2012年ヤマハ/ブリヂストンのスイッチ交換

2019年6月3日

今日は朝から汗ばむ天気でしたね。

今年初ではないけど蚊に刺されました。

暑いのは好きな方ですが、蚊だけは嫌い。

痒みと病気を媒介しないなら血なんか上げるのに。

 

 

 

さて、2011~2012年のヤマハ/ブリヂストンの電動自転車の液晶スイッチは

電源ボタンが文字シートがよく破れ、雨などの浸水で壊れます。

 

 

 

 

メーカーさんは「爪でなく指の腹で押して」と言いますが、

指で押しても破れてるのもあります。ボタンのシートが薄い?。

 

 

この自転車も半年前に新品交換したらしいのですが

電源ボタンが割れていて浸水し、内部基盤がショートしています。

 

 

こういうのを防ぐのは最近人気の「スイッチカバー」

 

 

 

 

でも実は最近のモデル、破れる事がほとんどなく

スイッチカバーはあまり必要ではないと個人的に思っていますが、

1日に何回も電源のON/OFFする人や、ぎゅうぎゅうの駐輪場では

ブレーキレバーがぶつかる事もあるのでそういう方には良いかも。

 

 

で、このスイッチカバー、最近の自転車にしか対応しておらず

2011~2012ヤマハ/ブリヂストン用はありませんでした。

(アフターパーツメーカーさん、需要はあるので今なら独占できるかも。)

 

 

今回、スイッチ交換はもちろん行いますが、

お客さんが「カバー欲しい」との事なので、何パターンか考えます。

 

 

木曜か金曜には完成すると思いますが、

上手くいくかな。

 

※追記

ほぼピッタリなシリコーン製カバーを見つけましたので

無事完成しました。