神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

補助輪が外れるまでの道のり

2019年4月16日

土曜日から、1分に1回くらい咳が出ます。(熱は無い)

喘息持ちの私としては軽微なレベルなんですが、

それでも地味に辛いので昨夜、病院に行って薬を貰ってきました。

咳って1回出たら1週間くらいはなかなか治らないんですよね。

 

 

 

さて、5歳を目前にしてウチの子供が補助輪なしで

自転車に乗れるようになりました。

 

 

2歳の誕生日に12インチの自転車をプレゼントして約3年、

のんびりステップアップしてきました。

 

 

※画像はコーダブルームの「asson K12」ですが、

この自転車では無いです。

 

 

早い子は「ストライダー」などのランニングバイク

に乗っていれば2歳半くらいでも乗れるようになりますが、

私は「自転車屋」なので敢えて一番小さい12インチの自転車を

チョイスしました。

 

 

我が家の場合、2~3歳半ぐらいまではアシストバーで

おじいちゃんに押して貰って公園まで行ってました。

でも公園に着いたら練習しないで砂遊び。

 

 

少しは自分でペダルを漕げるようになった3歳半ぐらいから

アシストバーはもちろん、補助輪やペダルやブレーキ、

チェーンなどを全部外してランニングバイク仕様にしました。

 

 

ランニングバイク仕様を半年ぐらい乗ったでしょうか。

再びブレーキやチェーン、BBやクランクを取り付けますが

ペダルは付けません。

 

 

少しずつ、足を着かずに乗れる距離が長くなって

ブレーキもしっかりと握れるようになったので

ペダルを付けたらすんなりと乗れるようになりました。

 

 

と偉そうに書いていますが、

一緒に練習してくれたのは、ほとんどおじいちゃん。

私はメンテナンスだけ。当然、乗れた時も見てません。

 

 

そして、同じくらいの子はやっぱり、

ランニングバイク→16インチの自転車

という流れが多いかな。

16インチの自転車からスタートする場合、

ある程度慣れて補助輪を外す際に、ペダルも

外してあげるとスムーズに練習できると思います。

 

 

さて、我が家の12インチ、身長的に問題ないのですが、

来月には友達に合わせて16インチに乗り換えようと思います。

 

 

ちょうどお店に古い子供車があったので、全部バラして

メンテナンス&色を塗り替えます。

ピンクだと女の子感が強すぎるので黄色にしようと考え中。

 

 

 

 

費用を出来るだけかけずに仕上げたいと思います。