神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

2019年モデルの限定ハイディⅡを組立て中

2019年3月3日

ご注文分のハイディⅡを組み立ています。

 

 

私、2019年モデルは限定仕様しか見ていないのですが、

標準仕様との違いも紹介していきます。

私自身、最初は「タイヤが違うだけでしょ」と思っていました。

 

 

 

 

左が標準のクロツヤケシで右が限定のクロツヤケシです。

 

 

まずは箱出し。

段ボールから引っ張り出します(と言うより持ち上げます。)

 

 

 

 

で、いつものように前輪から。

 

 

 

 

このグレー色のタイヤ、パナレーサー製と思われ日本製。

結構しっかりしています。どんなグレーかというと車いす用の

タイヤを想像していただければよろしいかと。

 

 

タイヤを外して、車輪の振れ等を点検・調整します。

赤丸部のニップルが損傷していましたので交換。

 

 

 

 

放置していたらパンクの原因にもなります。

新車だからといって油断してはダメですね。

 

 

 

 

作業終わったらタイヤを装着します。

ん?色がかわっている?ヒヒヒ。

お客さんが「タイヤはボコボコ感がある方がいい」との事でしたので。

 

 

 

 

色は明るめのブラウンか、濃いめのブラウンで

落ち着いた感じのある濃いめをチョイス。

このタイヤも電動自転車用に作られているので

パンクしにくいようになっています。(空気はちゃんと入れてね)

そして、グレーのタイヤより175gぐらい軽かった!(グレーは1100g)

幅は2.0インチ→1.95インチで3mmほど細くなりました。

 

 

実は、この後の画像がありません。

撮り忘れです。

 

 

そんな訳で標準モデルのクロツヤケシと限定モデルの

クロツヤケシの違いを見てみましょう。(フレームのシールとタイヤは省く)

 

 

まず、サドル

 

 

 

 

限定モデルはスプリング付です。

このため適正身長も違います。乗り心地もいいのかな。

 

 

そして、クランクとペダル

 

 

 

 

限定モデルはクランクもペダルもブラックです。

ただ、ペダル自体は標準モデルの金属製の方が高級感あります。

 

 

最後はハンドルグリップとブレーキレバー

 

 

 

 

標準モデルはゴムグリップですが、限定は「皮」感のある素材。

高級感はありますが、寒い時期に軍手(毛糸の手袋も)だと滑る。

そして限定モデルはブレーキレバーもブラック。

 

 

あっ、リムも違うのね。(まだ他にもあるかも)

標準モデルはブレーキ面以外は黒だけど、限定モデルは

シルバーでした。

 

 

そんなこんなでほぼ完成したのがこちら。

 

 

 

 

「ほぼ」と言うのは前カゴを取り付けていないから。

部品待ちです。

 

 

完成したら更新します。

 

 

※追記

3/5のお昼に部品が来ましたので作業再開。

入荷待ちだった部品はカゴを下から支える「カゴ足」という物。

 

 

 

 

純正カゴよりも容量UPしたのでカゴ足(赤矢印)の長さが変わります。

そして、前輪モーター車は取付け径(上の画像銀色のナット部分)が太く

適合する物がまずないので、少し調べました。

(ドリルで1mmくらい穴を広げる方法もありますが強度を考えて今回はパス)

 

 

 

 

 

きれいに取付けできました。

カゴ幅は45cm近くあり、ママバッグでもすっぽり入ります。

 

 

 

 

カゴの色もタイヤのブラウンに合うようにしたのですが

同じにはなりませんでした。

 

 

 

 

画像だとこれだけ違いますが、

実物を見ると(私は)そんなに気にならないです。

 

 

タイヤと前カゴしか変更していないので

派手さはないのですが、そのさりげなさが

今回のポイントなんでしょうね。