神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

バッテリーは暖かい環境に置いておきましょう

2019年2月11日

飼っているコザクラインコのケージを1つ新しくしました。

寸法とかあんまり深く考えないで買ったので、ラックにギリギリ。

今までよりも2回りくらい大きくなりました。インコ達も

「ココがウチ?」という感じで広さに戸惑っています。

 

 

 

 

 

今朝の垂水区は雪。

昨夜、電動自転車のバッテリーを外して家に置いておくのを忘れたため、

朝一は低温制御がガツンと効いて、パワーが全然なくて5分くらい

「ヒーヒー」言ってました。(全行程6~7分です)

 

 

制御が入ってない状態だと時速12キロくらいで登れる坂も

今日は7キロ台しか出なかった。(バッテリー残量50%くらい)

 

 

ブリヂストンの前輪モーター車は低温時のパワーダウンが

ヤマハ・パナソニックよりも大きい気がします。

でも乗ってたらすぐに回復するするんですけどね。

 

 

で次にパワーダウンを感じるのがヤマハユニット。

これも結構低温時のパワーダウンは感じます。

そしてヤマハはバッテリー残量が減った時のパワーダウンは

一番ある気がします。常に満充電していたいぐらい。

寒い時期、40%くらいからシャットダウンする現象が

ちらほら発生するのもヤマハ特有。

 

 

パナソニックは低温時でもパワーダウン感が少ないかな。

 

 

電動自転車に乗っている方、冬季のパワーダウンを感じている場合、

バッテリーを温かい環境に置いてあげれば結構解消しますので

ぜひやってみて下さい。10℃以上ならほぼ大丈夫。

15℃以上なら完璧でしょう。

 

 

 

 

冷えたバッテリーを急に温めると結露が起きやすくなりますので

ゆっくりと温度を上げましょう。外→玄関→リビングみたいに。

ストーブ前に放置は危険ですよ。

 

 

そしてタイヤの空気をしっかり入れておくのも基本中の基本です。

子供車でも一般車でもスポーツ車でもタイヤの空気は重要です。