神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

スポーク折れで車輪交換はもったいない。

2018年12月20日

端材で「止まり木」を作ってみました。

これでいつでも「卓上インコ」が出来ます。

 

 

 

 

 

西区、学園都市の方が

「倒れたら後輪がおかしくなりました」と(車で)ご来店。

 

 

後輪から擦れる音がするとの事で見てみたら

スポークが折れています。

止まっている時にバタンと倒れたそうなので、「スポーク折れ」の

直接的な原因ではなさそうです。

 

 

 

 

当ブログで何回も投稿していますが、この頃のヤマハ/ブリヂストンの

子乗せ自転車は荷重に対してスポークの余裕がないのでよく折れます。

まあ、持病の1つでしょうか。

 

 

当店でも補修用にスポークは在庫していますが

今回はちょっと折れているのが多いです。6本くらい?

 

 

 

 

外してみると28本中8本折れていました。

2本くらいならそこだけ交換する事もありますが、

これだけ折れていたら全数交換して蓄積した疲労をリセット

した方がよいです。

 

 

 

 

残ったスポークはこれだけ。

これなら車輪がユラユラするのも分かるでしょ。

 

 

このぐらいの状態になると、

「(変速機も含めた)後輪ごと交換ですね」というお店も結構ありますし、

その際、修理代は3万円(高い!)と言われた方もいらっしゃいます。

 

 

買い替えさせたいんでしょうか。

 

 

当店ではリムや変速ハブによほどの損傷が無ければ

スポークとニップルの交換で対応していますので、

3万円と比べたら大体1/3の出費でおさまります。

 

 

 

 

チェーンやスタンドなんかのメンテナンスも一緒に行い完成です。

スポークが足りず、2日遅くなりまして申しわけございません。