神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

コーダブルーム「asson K」、12~18インチまで展示しています。

2018年12月6日

今夜からグッと寒くなりそうですね。

外出の際は暖かくしてお出かけください。

先ほどKTVのプールを見に行ってきたのですが、子供たちは

みんな元気に泳いでいました。温水プールっていいですね。

 

 

 

 

さて、今日はクリスマスプレゼント用にご注文頂いた子供車を

組立てました。

 

 

 

 

コーダブルームの「asson K18」です。

普通、12~13kgの重量が多い18インチですが、

「asson」シリーズはアルミフレームを採用していますので

18インチで10.2kgと軽量(まあ前カゴもありませんが)。

ちなみに18インチ最軽量は「レベナ」の7.9kgかな。

 

 

本当は去年の内に「asson K16」を渡したかったそうですが、

当時、当店ではコーダブルームの扱いが無かったために、

(他店さんで納期だいぶかかるよと言われていて)

悩んでいたら時間がどんどん過ぎて行ったという事らしいです。

 

 

 

すみません、大変お待たせいたしました。

その分、しっかりと組立てさせていただきましたのでご覧ください。

 

 

 

 

段ボールに入って来ますので、ここから組み立てていきます。

まずは梱包を解いて、前輪から。

 

 

 

 

前輪、少しだけセンターがずれていましたが大きな問題は無し。

回転もスムーズでしたがグリスアップのために一応、

玉当たり調整も行いました。

 

 

前輪がほぼ問題なかったので、後輪も「確認程度かな」と思っていたのですが

後輪は回転が渋い。ペダルも重い。

う~ん、まあ見てみましょう。

 

 

まず車輪。

 

 

 

 

ベアリングの締付がキツかったので、緩めました。

ついでにセンターもズレていたので振れ取りしながら調整。

クルクル回るようになりました。

 

 

そして、ペダル部分のボトムブラケット。

 

 

 

 

ここも締まり過ぎていたので、緩めて軽く回るように調整。

車輪もそうなんですが、玉当たりをあまり軽くしすぎると、

ベアリングが馴染んだ時にガタが出てしまう事がありますので

(新車時の)街乗り用途では少し抵抗がある状態にしていますが、

それでも調整前後では回転具合が全然違います。

 

 

 

 

角度で言うと35~40度くらいは緩めました。

チェーンもちょっと張り過ぎかなという状態でしたので

1/6回転緩めております。

 

 

その他、色々な調整をしてとりあえず完成。

 

 

 

 

とりあえずというのは、お渡し時にお子さんに跨ってもらって

ポジション調整などが残っているからです。

補助輪の浮き具合は、体重も関係するし、好みもあるし結構難しいです。

 

 

「asson K18」はクリスマス時期に合わせてお渡しになると思いますので

現在、店頭に12インチ、16インチ、18インチと展示しています。

気になる方はぜひ見に来て下さいね。