神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

選択肢があんまりないタイヤ

2018年8月21日

水曜が休みの私にとって、今日が週末。

出来れば明日は晴れて欲しいけど台風も来ていますからね。

どうなる事やら。

 

 

 

昨日、メールで電動自転車のタイヤ交換のお問い合わせをいただき、

「在庫があればすぐに出来ますよ」と返事したのですが、残念ながら

「20×1-3/4」という最近ではあまり使われないサイズの自転車でした。

 

 

20インチのタイヤって直径が約451mmの通称「451」と、

約406mmの通称「406」の2種類の規格があって、

最近の電動自転車は圧倒的に「406」。

「451」なのはPAS CITY-X(と兄弟モデルのリアルストリームミニ)ぐらい。

 

 

で、「20×1-3/4」も「451」規格なんです。

選べるタイヤは3種類

 

 

・純正装着タイヤ(パナレーサー)

一番無難なチョイスですが値段が高い!。前後交換で約13,000~円

性能はパナレーサーらしく乗り心地はカッチリやや硬めで

走行感は軽快。小さいヒビが入りやすい。

 

 

・IRC「足楽」

乗り心地は1番いいです。値段は純正装着より安いけど高め。

費用は前後で11,500円くらい。チューブが肉厚じゃないのが残念

空気圧が低いとタイヤサイドと接地面に亀裂が入りやすい。

入手までに1週間くらいかかる。

 

 

・シンコー「ノイエ」

値段は良心的。欠点は摩耗が上2つより早い。

前輪に使うのにはいいかもしれません。

費用は1万円ぐらい(肉厚チューブの場合)

 

 

納期が長いIRCは除外して、お客さんと相談。

結果、パナレーサーのタイヤにしました。

 

 

 

 

で入荷してきたこのタイヤ、非常に交換しにくかったです。

ちゃんとビード落ちてるんですけど、ここからが難しい。

 

 

 

 

前輪を作業した時点で握力を使い果たし、

後輪は体重を使って何とか出来ました。

今日はもうタイヤ交換したくない…

 

 

 

でもホントにタイヤ交換来たら、喜んで作業します。