バッテリーは外せるなら外しておきましょう | 神川輪業
神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

バッテリーは外せるなら外しておきましょう

2018年8月4日

「サンダー! サンダー! サンダー!」

気分を上げたい時にはAC/DCの「Thunderstruck」を聴いています。

店内で小躍りしている私を見かけたらそっと見守ってください。

 

 

 

さて、今日はタイヤ交換やパンク修理など午前中に作業しておりました。

 

 

当店では珍しいロードバイクのタイヤ交換。

 

 

 

 

タイヤ交換で前後合わせて200gほど軽くなったので

今までよりも軽快に走れると思います。

 

 

お次は自転車が珍しいルイガノ「MV E」

 

 

 

 

見た目は似ていても、私の「MV1」とはブレーキの位置が違ったりしてます。

 

 

 

 

「MV1」でも軽快な自転車ですが、「MV E」は更に楽。

デメリットは2.5Ahと容量の小さいバッテリーの為、充電頻度が多い事。

お客さんも「毎回充電です」って言ってました。

 

 

タイヤは少し幅広の20×1.75サイズのIRC「74型」を装着しました。

 

 

 

 

折畳み自転車から小径の電動自転車まで幅広くオススメできるタイヤです。

 

 

今日も暑いですね。次の台風までは降ら無さそう。

満充電に近い状態のバッテリーを暑い環境に長時間置いておくと

劣化が進みますので暑さが和らぐまで外せるなら外しておいた方が

いいと思います。天気予報の最高気温と言うのは日陰の温度ですので

日なたで黒いバッテリーは50度以上になるかもしれません。