神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

ブレーキシューが減りにくい回生ブレーキ

2018年6月29日

今日の神戸市は雨が降ったり止んだりのハッキリしない天気。

関東甲信越地方はもう梅雨明けだなんて早くない?

あっ、また凄い雨来そう。

 

 

さて、今日は久しぶりに「前輪モーター」の電動自転車について。

 

 

お店さんによっては「あんなのダメだ」、「坂道に弱い」と

なんかよく分からない理由でオススメしない所もありますね。

当店はブリヂストンの前輪モーターについてはデメリットも認識した上で

積極的にオススメしています。

 

 

世の中の車だってほとんどが前輪駆動のFFですよ、

電動自転車だってリヤ駆動じゃなきゃダメって訳じゃない。

急坂のオフロードとかでもなければ前輪が空転する事はほぼ無いし。

 

 

回生充電機能がある前輪モーター車ならではのメリットも多いです。

最近思うのが主流の「センターモーター、後輪駆動車」に比べて

圧倒的に前ブレーキシューの減りが改善されるという事。

バッテリーに充電されるとか、ベルト駆動とか、意外とどうでもいいけど

ブレーキはかなり大事。これだけでも声を大にしてオススメ出来ます。

 

 

ここ垂水区は坂の町。

ギュットアニーズやバビーアンなどのアルミ車輪の場合、早ければ

半年で前ブレーキ無くなっちゃうんですけど、前輪モーターのビッケなら

回生ブレーキを積極的に使う事で1年以上は持つと思う。

 

 

回生ブレーキになれると、普通の自転車でブレーキかけてるのが

「あぁ、運動エネルギーが熱エネルギーに変換されて捨てられていく~」

と少しもったいなく感じます。

 

 

一般的な「センターモーター、後輪駆動車」の電動自転車から買い替えると

少しだけ違和感があるかもしれませんが、電動自転車初めての方や

サンヨーの電動自転車に乗っている方は、すんなりと入っていけると思います。

 

 

 

 

とりあえず試乗できるお店を見つけて実際に体験してみましょう。

でも大体のお店の試乗って平坦な所ばかりでしょ。

電動自転車はやっぱり坂道で試して欲しいですね。

 

 

「坂道のアシスト力」とか「バッテリー容量」とかを気にしがちですが、

前ブレーキ、後ブレーキに続く第3のブレーキ、「回生ブレーキ」も

ぜひ注目してください。

 

 

※ブリヂストンの回生ブレーキはバッテリー残量が80~100%の時は、

バッテリー保護のため作動しません。