子供乗せ自転車にこのタイヤはダメ | 神川輪業
神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

子供乗せ自転車にこのタイヤはダメ

2018年6月4日

こんにちは、神戸市垂水区の小さな自転車屋「神川輪業」です。

 

 

お昼頃、パンク修理依頼がありましたので山電の霞ヶ丘駅の近くまで

自転車を預かりに行ってきました。

 

 

空気を入れてもすぐにシューシュー抜けちゃうとの事。

パンクの原因はバルブの根本付近からの空気漏れでしたが、

タイヤを見てビックリ。

 

 

 

 

なんとBMX用のブロックタイヤが装着されています。

このチョイスはいただけませんね~。

オフロード向きのタイヤを舗装路で使うだけでも凄いスピードで減っていくのに

後輪の負担が大きい子供乗せ電動自転車に使うなんて。

 

 

抵抗もあるし、音も大きくなるしでメリット無いのに・・・

近くの店で去年交換したって事でしたが長期在庫品でも掴まされた?

 

 

結構あるんですよ、サイズは合っているんだけど

電動自転車には力不足のタイヤや、普通の自転車に電動自転車向けの

厚みがあって重たいタイヤを装着していたりしている自転車が。

 

 

例えば下の画像の真ん中のタイヤのようにON/OFF両方行けるような

ブロックタイヤならまだいいんですけどね。

 

 

 

 

画像左は標準装着タイヤ、もちろん今回の交換タイヤです。。

私も色々なタイヤを見てきましたが値段とのバランスはコレが1番

 

 

タイヤ交換と+αの作業もしておりますので今まで以上にスイスイ走るように

なったと思います。

 

 

垂水区で自転車のパンク修理がありましたらぜひご連絡下さい。

引取・配達は修理代金+500円でございます。