神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

試乗車を米式バルブに変えたので色々な空気圧を試してみる

2018年5月28日

出張修理もやってる垂水区の自転車屋「神川輪業」です。

出張修理とは言っても基本的に店に持って帰って修理します。

 

 

さて、当店試乗車の「ビッケ グリ」のチューブを英式から

米式に交換しました。

 

 

 

 

どうして交換したか。

それは空気圧の調整、管理が英式バルブよりしやすいからです。

 

 

という事で色々な空気圧で自分の好みを見つけてみましょう。

まずは一般的なシティサイクルの基準である3気圧(bar)から。

 

 

普段も大体この空気圧にしているつもりです。

子乗せ電動自転車の重さのせいか軽快感はほぼ無い。

段差でのハンドルに来る衝撃が少し気になる。

 

 

では、軽快感UPを狙って3.5気圧。

 

 

数日乗ったが軽快感は変わらず。

登り坂で前輪モーターに駆動力が掛かりにくくなったのか

タイヤのズリズリ音が聞こえる。

段差を超えた時の衝撃(特に前輪)がガツンガツン来る。

 

 

で、最後は2.5気圧に落としてみました。

いや~乗り心地が良く、結構気に入りました。

段差での衝撃がマイルド。

適度にタイヤが潰れているので登り坂でのグリップも良好

軽快感の落ちも感じない。(子乗せ電動に軽快感なんて無い?)

後輪は子乗せ時にフワフワ感があり、段差やカーブで少し心配。

 

 

そんなこんなで現在は前輪2.5気圧、

後輪の空気圧は少し上げて2.8気圧ぐらいが私の好み。

 

 

店頭でもこの空気圧で(ビッケグリは)皆様に試乗してもらっています。

 

 

空気圧計付きの空気入れさえあれば英式バルブでも

(誤差を考慮すれば)なんとか管理は出来るので是非ご家庭でも

やってみて下さいね。