神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

ごまかせてません!

2018年2月26日

車輪のサイズが小さいほどホイールの組立ては難しくなります。

20インチ以下の小径車は、スポークが短いのでリムにスポークを通す

作業だけでも結構気を使います。

 

 

長いとスポークがしなってくれるので穴に通しやすいんです。

でも小径車のスポークは短くて「しなり」が少ない。

 

 

で、コレ。

 

 

赤丸部に補修してあるのが分かります?

他にもありました。

 

 

あと何か所か補修がしてあります。

 

 

これ、私が塗ったものではありません。

新車なんですよ。

 

 

という事は組立て時に付いたキズでしょうね。

「キズ付けちゃったけど塗っときゃ分からんだろ」てな感じ?

 

 

小傷1ヵ所ならまあ許せます。

見る角度によっては目立たないし。(逆に目立つ事もある)

 

 

自動車業界と違って、自転車は多少なりともキズがある場合がございます。

コストの兼ね合いもあるので全数無傷には出来ませんが

少しでも改善していって欲しいですね。