神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

カラータイヤの空気圧確認はこまめに。

2018年2月5日

タイヤの横側ががアメ色になっている場合、

取扱いに少し気を使う必要があります。

 

 

本日パンク修理で預かってきた自転車、購入から2年弱です。

溝はまだまだあるので問題ないように見えます。

 

 

 

問題はこちら、タイヤサイド側です。

 

 

深い亀裂が1周に渡って入っています。

原因は空気圧が低い状態で使用していた事です。

当然、中のチューブも揉まれてボロボロですね。

 

 

こうなるとパンク修理では無く、タイヤ・チューブ交換となり、

5,000円ほどの費用に…。

 

 

サイドがアメ色になっているタイヤは見た目はいいのですが、

耐久性というか紫外線等からの耐候性が弱いんです。

空気圧が適正でも比較的早くに細かなヒビが入ってくるし、

低圧状態での使用だと画像のように簡単にパックリ行きます。

 

 

真っ黒の物と比べ、色のついているタイヤの場合、

空気の確認は早めに、そして出来れば直射日光の当たらないような

場所に置くと劣化を遅くすることが出来ます。