神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

バッテリーの性能低下を体験する

2018年1月25日

今日の神戸、この冬一番の寒さだったんじゃないでしょうか。

 

 

お店の試乗用電動自転車で通勤している私は現在、

色々と確認しながら乗っています。

 

 

今日は「ビッケグリ」を使いましたが、電源を入れると

「低温保護モード」になっていました。

※温度による保護モードはパナソニックもヤマハもある(表示はない)

 

 

まあ、ここまでは今までもなっていたのでアシスト力が

少し落ちるのは分かっていたのですが

今日の気温ではブレーキ時の回生充電も作動しませんでした。

 

 

説明書にも著しく低温または高温の時には回生充電は

作動しませんと書いてあるので知ってはいたのですが

気温0度前後では作動しないんですね。

 

※このオレンジランプが温度(高温でもなる)による保護制御が入っている状態

 

いつもは回生充電でモーターとバッテリーの温度を少しでも上げて

保護モード解除を狙っているのですが、残念ながら今日は無理。

 

 

少し遠回りして傾斜の緩い通勤路を選びましたが、

それでもきつかったです。

お店の前50mになってようやく回生充電は回復しましたが

低温保護モードは結局解除せずでした。

 

 

バッテリーは外して10度以上ある所で保管していれば

朝からフルパワーで動いてくれますので皆さん、冬季はバッテリーも

外して家に持って帰りましょう。

 

 

駅に駐輪している、買い物で1時間ほど停めている時など、

バッテリーを外せない場合はしょうがないです、諦めましょう。

 

 

私の帰路は店内にバッテリーを置いておいたので

保護モードでは無くフルパワーで帰れます。

 

 

でも、満充電したので回生ブレーキが使えないのは朝と同じ…