神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

ナット緩みによる変速不良、その2

2018年1月19日

「ペダルを踏むと空回りすることがあるので見てもらえますか?」

そう言って持ち込まれたのは2016年モデルのギュット・DX

 

 

なんか先週と同じ流れですね。ブログ見て来店されたのでしょうか。

購入から1年半との事。

 

 

4時間ほどお時間を頂きましたので早速試乗して症状確認。

フムフムなるほど、これね。

 

 

まずは変速ロッドの位置確認。

 

 

3~4mmほどズレてる。

これも原因の1つだけど、他にもありそうなので

変速ユニットまで外してみました。

 

 

原因発見、ハブ軸にガタがあります。

これも先週同様、変速ユニットを固定している玉押しのナットが緩んでいました。

 

 

一応ユニット内部も確認しましたがこちらも問題なし。

元に戻して変速ロッドの位置調整を行い、走行確認して完成です。

 

 

こちらは別の修理です。

中国製電動自転車の前輪リム交換。

 

 

なんと#12スポークに#12のニップルの組み合わせ。

子乗せ電動自転車の後輪でも#12スポークに#13のニップルですよ。

前輪ならより細い#13スポークに#14ニップルでいいのに…

※数字が少ない方が太い、スーパーカブの前輪も#12

 

 

新品リムのニップル穴を1mmほど拡大し、組み直しました。

 

 

ギュット・DXの方は先週の件が無ければ変速ロッドの調整だけで

お渡ししていたかもしれません。

リム交換は補修部品として#12ニップル用のリムなんて、

一般的ではない部品なのでどこも在庫なんてなかったでしょうね。

他にも事故修理の件で加害者さんが「(費用)そんなにすんの?」的な

電話があったりと色々あった1日でした。