神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

冬の電動自転車バッテリー

2017年12月18日

電動自転車のバッテリー(というか電池全般)は

暑いのと寒いのが人間みたいに苦手。

 

 

暑い環境ではバッテリー保護機能が働いてアシストを弱くする事も。

満充電のバッテリーを暑い環境に長期間置いておくと劣化も早いです。

 

 

今みたい寒い時期もバッテリーが低温のため、

同様にバッテリー保護機能が働いてアシスト力が弱くなります。

そして、走れる距離も10~20%ほど短くなる事も。

 

 

機種にもよると思いますが気温(というかバッテリー内部温度)が

10度以下になるとバッテリー保護機能が働いていると思っていいです。

 

 

ほとんどの自転車はバッテリー保護機能が働いているかは

教えてくれないんですが、ブリヂストンの前輪モーター車は

手元スイッチに表示されます。

2015~2017モデルならバッテリー残量ランプの横が黄色になります。

下記画像の紫色の部分です。

 

2018年モデルからはアシストモード(パワー表示)のランプが

0.8秒間隔で点滅します。

暑いとき(バッテリー内部温度45度くらい?)でもなりますが

今の時期になったらまず低温側の表示でしょうね。

 

 

これを防ぐのは簡単。

乗らない時はバッテリーを温かい場所に置いてあげるだけ。

玄関は意外と寒いので、リビングとかがベスト。

でもストーブの前とかはかえって危険ですのでやめましょうね。

あと、急激に温度を上げてバッテリー内部が結露してしまうのもダメ。

 

 

まあ自転車に付けたまま冷えていても数分間走り続ける事で

バッテリー温度が上がるのでバッテリー保護機能も解除されますが、

その前に目的地に着いてしまう事もありますので

使わない時は(出来るなら)バッテリーを外して

温かい環境に置く方が良いですね。

 

 

比較的暖かい神戸市でも朝一などはパワーダウンを感じますので

もっと寒い地域ならマストの作業かと。