神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

ハイディビー(ハイディⅡ)のパンク修理

2017年9月26日

「ハイディ パンク」でインターネット検索すると結構上位に表示されるからか

時々修理のご依頼を頂きます。

 

 

2015年秋ぐらいに対策タイヤに変更になりましたので、

最近は以前ほど多くはないですが本日も1台お預かりしてきました。

 

 

前輪パンクです。

今までの方と同様に何度もパンクに悩まされており、

前輪タイヤも1度は交換しているとの事です。

 

 

まずは診断。

 

 

実はチューブの空気を入れる根元部分に穴があり、

そこから空気が抜けてのパンクでした。

安く済ませるならチューブだけ交換すればよいのです。

 

ですが、タイヤの横に白い繊維が見えますね。

こうなってしまうとバースト目前、早めに換えちゃいましょう。

これは対策前のサイドが薄くパンクしやすいバージョンですね。

同時期に交換したらしい後タイヤは対策した肉厚品でした。

 

 

前輪を外してみるとハブの回転が渋い、というか動かない。

糸も巻き付いてるし…。

 

 

ついでなので玉当たり調整&グリスアップ。

リムセンターもずれているので修正。

 

 

装着するタイヤはIRCの「メトロ」26×2.00

 

 

メトロ以外にも

・IRC ブリロ 26×2.00

・CST C-1103 26×2.00

なんかいいですよ。

対策後の純正装着タイヤも悪くないと思うのですが、

あえて取り寄せるほどでもないです。

 

 

ベアリングも調整したし、タイヤもいい物なので

結構スムーズになったはずですがいかがでしょうか、

空気だけは2か月に1度は補充してくださいね。

 

 

さて、ハイディといえばパンクと同じくハンドルも特徴です。

 

 

キレイな金色でしょ? 実は元の色は黒なんですよ。

アルマイトと言う処理をするんですが、だんだん色褪せてきます。

 

ここまで金色なら誰も気づきませんね。いい色です。