神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

なぜか2機種あるブリヂストンの電動エントリーモデル

2017年9月15日

現在、ブリヂストンの電動自転車のエントリーモデルは「アシスタベーシック」

これに10月から「アシスタファイン」が加わります。

 

 

なんで2機種も?

と思ったので営業さんに聞いてみました。

 

 

その前に画像を見て違いを探してみてください。

分かるかな?

 

 

まずは「アシスタベーシック」

 

 

次に「アシスタファイン」

 

 

バッテリーの違いに気付いた人は正解!

そう、搭載ユニットが違うんです。

 

 

アシスタベーシック・・・パナソニックユニット6.6Ah(87,800円くらい)

アシスタファイン・・・ヤマハユニット6.2Ah(86,800円くらい?)

という違いです。

 

 

バッテリーはアシスタベーシックの方がちょっと容量多いです。

でも、ユニットのセンサー数や手元スイッチはアシスタファインの方が

お金かかってます。

 

 

ここからが大事、

なんで面倒な事をしてまで2機種も用意したかという事。

実は販売店を分けたいみたいな雰囲気でした(ゴニョゴニョしてたけど)

 

アシスタベーシック=量販店向け(自転車店でも買える)

アシスタファイン=自転車店向け(量販店でも買える)

 

 

まあ、「大人の事情」でしょう。

 

 

 

 

ここからは私の勝手な想像・・・

 

ブリヂストンの自社ユニットも登場し(しかも結構好評)、

パナソニックユニット採用のブリヂストンの電動自転車

(アシスタベーシック、ビッケポーラー他)も増え、シェアが低下してきた

ヤマハが危機感からブリヂストンに

「ユニットの供給価格下げますからウチのももっと使ってください」とお願いした。

 

と思っています。(違ったらごめんなさい)

 

 

いままでは自社ユニットを持っていなかったので1番弱い立場でしたが

今ではユニット選び放題でニッコニコなブリヂストン。

(販売店はバッテリー多すぎて混乱すると思いますよ・・・)

 

 

そんな3メーカーの思惑が入り乱れているのを想像しながら

「アシスタベーシック」の限定カラー、マットカーキが入荷しました。