こっそりと消えたブリヂストンのアシストレベル表示 | 神川輪業
神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

こっそりと消えたブリヂストンのアシストレベル表示

2017年4月11日

電動アシスト自転車のパワーの強さの目安だった

ヤマハとブリヂストンの6段階のアシストレベル表示。

 

 

6段階とはいえパワー3、パワー4、パワー6の3つしかなかったけど…

ちなみパナソニックは元々表示していません。

(※パナソニックは「ラクラクドライブユニット」「タフパワーアシスト」で判断)

 

 

で、本題です。

ブリヂストンも2016年までは「アシストレベル3」「アシストレベル4」

「アシストレベル6」と言う風にカタログにもホームページ上にも

表示されていたのですが、

2017年モデルからパナソニックみたいに表示しなくなりました。

 

 

理由は聞いていないけど今まで100%ヤマハから供給を受けていたモーターが

現在はヤマハ、パナソニック、自社製と3つのユニットを採用しているので

統一表示がややこしくなったんでしょうか。

それともヤマハに「ウチの基準値を勝手に使うな」と怒られたんでしょうか。

 

 

例えば「アシスタDX」、

2016年モデルは「アシストレベル4」と表示しています。

ちなみにヤマハユニット採用

 

IMG_20170411_143216

 

で2017年モデルはパワーアップして「6」クラスになったのですが

 

IMG_20170411_143319

 

表示されず…

 

 

我々販売店側は前年の資料とかで判断できるからいいけど、

今年から検討している人はパワーの違いが分からないでしょ。

 

 

何とかして欲しいな~と思います。