神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

小柄なママさんにいかがでしょう

2017年3月19日

「ビッケ」や「バビー」、「ギュットアニーズ」に純正オプションの

前チャイルドシートを付けた時、

小柄な方ですと視界にチャイルドシートが入ってしまいます。

また、男性ではチャイルドシートと膝が当たってしまう場合もありますね。

特にOGK製を採用する「バビー」と「ギュットアニーズ」。

 

 

そんな場合にはこんなコンパクトなチャイルドシートはいかがでしょうか。

ノルウェーのブランド「ハマックス」のカレスオブザーバー。

価格は11,800円(税別)

553021_caress-observer_grey-white-black-1-600x600

 

お子様が乗るとこんな感じです

 

Caress-category-page-14_04_2016-1600x500

 

 

結構コンパクトなビッケの純正チャイルドシートと比較してみましょう。

 

正面から

IMG_20170318_090120

右のビッケ純正は高さ調整可能なヘッドレスト付きですが、

カレスオブザーバーはヘッドレストなし。

でも高さ調整可能なフットレストが付いています。

 

 

次は膝の当り具合

ハマックス ビッケ

ビッケも意識すればそんなに当らないのですが、

カレスオブザーバーは更に余裕。

 

 

そして乗り降りのしやすさ

乗り降り

これが結構重要なのですが、

右のビッケ純正(もちろんOGKも)は真ん中にグリップがあるので

足の抜き差しが意外と難しい。

カレスオブザーバーはグリップが横なので乗り降りには影響なし。

 

 

横からの比較

横

厚みが全然違いますね。

このため、「包まれ感」=「見た目の安心感」はビッケ純正が上。

 

 

画像は無いのですが、シートベルトは純正が5点式、

カレスオブザーバーは3点式です。

ベルトの長さ調整はOGK製と違い、どちらもかなりしやすいです。

 

 

ちなみに「カレスオブザーバー」、ギリギリまで前に取付けるので

ビッケモブ意外に取り付ける場合、前カゴとフットレストが当たるので

こんな部品(600円くらい)が必要です

IMG_20170318_115904

 

 

 

そうそう、「カレスオブザーバー」にはもう1つ特徴があって

レバー操作で簡単に着脱できるという事。

着脱

けっこう便利な機能です。

 

 

私のイメージとしては安全性を重視する日本ブランド、

柔軟な発想のヨーロッパ製という感じでしょうか。