神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

パンクの原因

2014年9月26日

誰でもパンクの1回や2回は経験があると思います。

 

パンクの原因として、主に3つの要因があるのです。

 

・異物が刺さった

・空気が入ってない状態で使用したため段差などでチューブを噛んだ。

・虫ゴムの劣化

 

今回は「虫ゴム」についてお知らせしたいと思います。

当店でも虫ゴムが原因の修理は1番多いんです

 

まず、虫ゴムとは

IMG_6285

 

これですね。(金属部はプランジャーと言います)

 

ゴムを外すとこんな感じ。

IMG_5485

 

赤丸部でチューブの金具に密着し、青丸部の穴から空気をチューブに送るのですが、

この2か所に異常があると空気が抜けて「パンクかな?」と、思うわけです。

ちなみにゴムは画像の黒い合成ゴムと、飴色の天然ゴムがあります。

 

ゴムが赤丸部で潰されて機能しますので、どうしても定期的に交換が必要になるんです。

で、ゴムの劣化を防ぐべく出来たのが「スーパーバルブ」!

IMG_5202

右のカッコいいやつです。

 

何と左側のバルブより5~10倍空気が漏れにくいんです。

寿命も3~4年は大丈夫。

値段も当店では400円ですので、とてもおススメです。

100均でも見かけますが、あれはアタリハズレが多いです。

 

「あれ? パンク?」と思ったら一度、虫ゴムを見てみるとよいですよ。