神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

丈夫なタイヤ・チューブでも空気を入れないと・・・

2016年9月26日

一般車のチューブには0.8㎜厚の物と、1.2㎜程の肉厚チューブがあります。

厳密には他にも種類があるのですが、0.8㎜か1.2㎜の場合がほとんどです。

 

 

もちろん、厚みのある1.2㎜の方がパンクに強いです。

強いといっても画鋲やガラス、釘などの貫通パンクではほとんど同じです。

差があるのは「揉まれ(擦れ)パンク」に対してです。

1.2㎜の方が空気の透過性も低いので空気が抜けるスピードも遅いですが。

 

 

空気が適正に入っているときにはタイヤとチューブはほぼ密着しているので

お互いが擦れあう事はありませんが、空気が抜けてくるとタイヤとチューブが

密着が弱くなり擦れてしまいます。

 

 

タイヤとチューブ、ケンカして負けるのはやっぱり厚みの薄い方なので

やがてチューブに穴が開きます。

0.8㎜と1.2㎜の差は「穴が開くまでの時間の違い」と言えます。

 

 

肉厚チューブだからと言って空気入れを忘れていると下の画像のように・・・

 

img_20160926_122423

 

0.8㎜よりパンクに至るまでの時間が長いので削れる量も多くなります。

 

 

ここまで削れてしまったらパンク修理では対応できず、

チューブ交換となってしまいます。

理想は月に1回の空気入れですが、2か月に1回でもほとんど問題ないので

しっかりと空気を入れてあげましょう。