神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

夏場の空気圧は低い方がいい?

2016年7月25日

先週パンク修理したお客さんの中で2名の方が

「夏は破裂するから空気を入れない」とおっしゃってました。

 

 

確かに空気は温度が上がると膨張しますので

おっしゃっている事は理解できます。

 

 

タイヤの上限ギリギリの空気圧で使用していたら

膨張によって破裂することもあるでしょうが、お2人共にパンクの原因が

空気圧が低すぎたためにタイヤとチューブが揉まれて穴が開いたという事実。

これでは元も子もありません。

 

IMG_20160725_094926

 

空気圧3気圧程度の一般的な自転車(電動も含む)が熱膨張によって

3.5気圧や4気圧(そんなに上がらないと思います)になっても

問題が起きる事はあまりありません。

レース等(車・バイク・自転車)では気温によって変えることも

ありますが、一般用途の自転車では変える必要はないと思います。

 

 

英式バルブは米式や仏式と比べ、空気圧が分かりにくいですが

夏場でもキチンと空気を入れて下さいね。