神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

英式バルブで空気圧は分かるのか実験しました

2016年5月21日

私は普段、お客さんの自転車に空気を入れる時、

圧力計付きの空気入れで入れております。

 

 

コンプレッサーで「ピュー」って入れた方が楽で早いんですけど、

でもそれって空気圧が「勘」になるんですよね。

正確な空気圧は分からない。

 

 

で、圧力計付きの空気入れで英式バルブに空気を入れてるんですけど、

メーター通りに3気圧入れたつもりでも実際には入らないです。(虫ゴム通過時の損失)

そこで経験と勘の補正を行い、4気圧ほど入れてました。

 

 

今回、ブリヂストンの「空気ミハル君」(バルブ左側)を使い検証してみたいと思います。

 

空気ミハル君

 

電動自転車の4.5気圧用です。赤いのが見えなくなるまで空気を入れると

4.5気圧入ってますよという便利なアイテム。

採用自転車はコストのせいか年々減っているような気が…もったいない。

 

 

空気を抜いて4.5気圧まで入れていきます。

 

IMG_20160521_150213

 

圧力計は4.5気圧を指していますが、空気ミハル君はまだ赤い部分が見えます。

見えなくなるまで入れたら6気圧を少し超えました。

英式バルブの場合、圧力計表示の75%ほどしか入っていないようです。

 

 

次に虫ゴム部分を外し、パナレーサーの米式アダプター(左側)を使い空気を入れます。

 

IMG_20160521_150338

 

これは英式バルブを、車やバイクと同じ米式に変えてくれるアイテムです。

さて、結果は…

 

IMG_20160521_150449

 

おおっ、空気ミハル君の赤い部分が消えた。

空気入れと空気ミハル君の誤差もほとんど無い。

どちらも正確と言っていいんでしょうね。

 

 

最後に英式の「スーパーバルブ」(下記画像右側)に交換してみます。

「スーパーバルブ」は虫ゴムの劣化も無く、空気の抜けも遅くなるという物です。

何種類かありますが機能は同じ。ただ当り外れも多いので私はブリヂストンの

「スーパーバルブ」をオススメします。

 

スーパーバルブ2

 

 

英式バルブよりも空気入れがしやすいです。

抵抗が少ないんでしょうね。

 

スーパーバルブ

 

これも好成績。

米式バルブアダプター使用時とほとんど同じですね。

 

 

 

結論。

私の補正値で良かった。

英式バルブでも、空気圧計が無いよりはあった方が全然いいです。

虫ゴム通過時の損失分をちょっと多く入れる必要があるだけ。

 

 

きちんと空気圧を管理したい場合には米式バルブに変えて、

お手軽に管理したい場合はスーパーバルブという選択もいいと思います。

数百円ですしね。

 

 

ただし、圧力計付きの空気入れは必要ですが…