神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

ヤマハの小径電動自転車、16年モデル登場

2016年3月1日

昨日、ヤマハから20インチの小径モデル「CITY-C」と「CITY-X」

発表されました

 

img04_l

 

img01_l

 

 

5月発売なので少し先の話なのですが、

この2機種、なんだかんだでロングセラーなんですね。

初代登場から10年で、その間にモーターやバッテリーは2回進化しています。

 

 

CITY-Cは、何と言っても非常に取り回しがしやすいです。

狭い所でもクルクル動きます。

垂水の商店街とか押して歩くときも歩行者の邪魔になりにくいし、

マンションのエレベーターにもスッと入ります。

 

電動自転車特有の重さも感じにくいですしね。

女性にオススメです。

 

 

一方、CITY-Xはスポーティ小径車の見た目通り、

カッチリした乗り心地です。

剛性の高いフレーム形状、高圧で細めのタイヤの影響もあり、

乗り心地はあまり良くないのですが、スーッと走ってくれます。

 

同じ20インチでもCITY-Cと違う規格ですので、タイヤの選択肢が

あまりないのが難点と言えば難点です。

 

 

2016年モデルはホイールセンサーの小型化がメインで、

あとはカラーを変更したり、CITY-Cはサドルを変更したりで

値段は3,500~4,500円ほど上がりました。

CITY-C・・・105,000円(税別)

CITY-X・・・109,000円(税別)

 

 

同じ20インチの「SION-U」はアシストレベルが★★★★なのに

この2機種は★★★と少し弱いのはなぜなんでしょうか・・・

(まあ、乗っても違いが分からないんですが)

 

 

こういった20インチのカゴ無しタイプのモデルは

パナソニックの「グリッター」や「EZ」、

ブリヂストンの「アシスタユニ20インチ」、「リアルストリームミニ」

など意外と選択肢があるので悩みますよね。