神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

チャイルドシート付き電動自転車は前ブレーキの負担が大きい

2016年2月11日

2015年モデルまでのヤマハ「キッスミニ」「バビー」、

ブリヂストンの「アンジェリーノプティット」「ビッケ」

をご使用中の方、右のブレーキが以前と比べてしっかりと握らないと

効かないようになったという症状はありませんか?

 

 

このような症状の場合、

前ブレーキのゴムが減ってきて、交換時期になっている可能性があります。

左のブレーキレバー(後輪)と違い、前ブレーキはゴムを車輪に当て、

ゴムを削りながら止まりますので、定期的な交換が必要です。

 

ビッケ キッスミニ バビー アンジェリーノプティット 前 ブレーキ シュー ゴム

 

左の方が摩耗して交換時期のブレーキゴム。使用期間は1年弱

右のは2016年モデル以降の摩耗対策品、色が違いますよね。

 

 

元々、ブレーキの効きと引き換えに寿命は短い方なんですが、

チャイルドシート付きの電動自転車の重さも影響が大きいです。

2016年モデルの対策ブレーキゴムの方が、全ての面でいいわけではありませんが、

効きも悪くないですしオススメです。

 

 

当店では大体、週に1台はブレーキが効かないと修理に来られます。

交換費用は1,000円です。