神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

電動自転車タイヤの印象

2015年11月9日

今日は電動自転車に装着されている、または電動自転車用として

販売されているタイヤについて、「乗り心地」「耐久性」など、

個人的な印象をお伝えしたいと思います。

 

 

パナソニック 「ハードランナー(CST C249N)」

C249N ハードランナー

 

「ビビ・DX」をはじめ、多くのパナソニック電動モデルに装着される。

4.5気圧指定の為、乗り心地は固めです、空気圧が低いと意外に早くサイドに

亀裂が入りやすい印象。

「ビビスタイル・DX」などのアメタイヤは耐候性が1ランク落ちます。

グリップ感はあまりないのですが、深溝のため長寿命です。

 

 

パナソニック 「パンクガードマン(パナレーサー E-Ride)」

E-Ride パンクガードマン

 

「ビビ・EX」や「ビビ・EXシティ」などに採用。

転がり抵抗が少なくよく走ります。乗り心地はほんの少し固めだけど

気にならない程度です。高いだけあってほとんど不満はありません。

耐パンク性も強化されているが、深溝ではないので過信は禁物。

影響は無いかもしれませんが、ヒビが入るのが少し早いかな。

 

 

CST 「C-979D」

C979D CST

 

「ビビ・TX」や「ビビ・NX」などのエントリーモデルに採用。

同サイズのタイヤより幅が細いので軽快感はあります。乗り心地は普通。

4.5気圧指定だけど、一般車なら3気圧でも使用できるので当店では

一般車の補修用として採用しています。

耐候性も高くひび割れ・亀裂も入りにくいが、耐パンク性はあまり考えていない。

浅溝なので、寿命は電動自転車には短めです。

 

 

ブリヂストン 「Eマイティロード4.5」

Eマイティロード4.5

 

ブリヂストン・ヤマハの24~27インチの主要電動モデルに幅広く採用。

一番の特徴は幅広の「1-1/2」サイズな事。これで耐荷重を、

4.5気圧の空気圧で転がり抵抗を良くしていると思いますが、

指定の空気圧にするとアルミフレームの硬さもあって、かなり乗り心地が悪いです。

幅広のメリットを生かして低圧にできる設計をすればいいのに。

実際、3~4気圧で使用すると乗り心地も良く、軽快感も悪くありません。

溝は深くないのですが意外と長寿命。耐パンク性は少し良いといった感じでしょうか。

 

 

IRC 「足楽」

IRC 足楽

 

電動自転車用に展開しているだけあって好印象。

3気圧で使えるので乗り心地も良く、それでいて転がり抵抗も少な目。

寿命も長いみたいだし、リム打ちパンクにも強い。

ただ、空気圧不足の状態だと意外と接地面、サイドに亀裂が入ります。

更に耐荷重を意識した「足楽プロ」もあります。

 

 

シンコー 「SR187 DEMING JETDAIii L/Z」

SR187

 

このタイヤは長寿命が一番の売りだと思います。

深溝だし、ゴムも硬めで重量感ずっしり。

3気圧指定だけど乗り心地も硬く、漕ぎだしの転がりも重い。

空気が抜けてもタイヤを押しただけでは分かりにくいです。

値段も安くて長寿命だけどオススメ度は低いです。

 

 

シンコー 「SR154 DEMING JETDAIii NEUE」

シンコー デミング ジェッタイイイ ノイエ SR154 DEMING JETDAIii NEUE

 

「ゼッタイイイ ノイエ」、

メーカーのセールスポイントを見て、「これはSR187よりも硬くて重い」と

想像していたが乗るとそんな印象は無く、普通の電動自転車にもピッタリかも。

26インチの場合、1-1/2サイズでも、約33mmと幅は細めで1-3/8とほとんど同じ。

このため、幅広タイヤ特有の乗り心地の良さは感じられないが、

SR187よりも硬さ重さは感じない。

耐摩耗性はちょっと悪い(減りが早い)

 

その幅の細さのおかげでワイドなはずの20×1-3/4サイズでも

PASシティーXやリアルストリームミニなどの

20×1-3/8にも装着可能(もちろんちょっと太くなる)。

 

 

 

 

たかがタイヤ、されどタイヤ。

ぜひ、交換時の参考になさってください。

個人的に電動自転車には「足楽」か「Eマイティロード4.5」がオススメ。

そして、チャイルドシート付や、がっしり体型の人には幅広の

「1-1/2」サイズがいいです。