神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

各社のエントリーモデルを比べてみる

2015年11月6日

ヤマハから2016年モデルの「PAS ナチュラM」が発表されました。

ナチュラSの後継モデルですね。

 

 

パナソニックの2016年モデルの発表はまだですが、

これで各社の電動自転車エントリーモデルが揃いました。

 

 

どれがいいか、26インチでざっくりと比較してみましょう

 

アシスタベーシック ナチュラM ビビ・TX

 

簡単に言うと

 

・ブリヂストン アシスタベーシック

ビビ・TXのユニットを搭載し、フレームはナチュラMと共通。

いいとこどりの後発モデル。ボディ同色のキャリヤとドロヨケ、

ワイヤーバスケットでおしゃれに仕立てた。

 

 

・ヤマハ PAS ナチュラM

6.2Ahと少し容量が少ないが、値段は1番高いモデル。

他の2機種にはないスピードセンサー搭載で制御は1枚上手?

デジタルメーターは、知りたい情報がひと目で分かるスグレモノ。

 

 

・パナソニック ビビ・TX

パナソニックはアシストレベルを公表していないが同ユニットを

使うアシスタベーシックが★4つなので同等か。

2015年当店イチオシのモデル、2016年モデルはどうなる?

 

 

購入の参考にでもなれば嬉しいです。

ご注文、ご予約はぜひ当店で。