神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

ブリヂストンの電動自転車は新たな道へ

2015年11月4日

今日はブリヂストンの2016展示会

電動自転車に3つのニューモデルがありました。

 

 

まずは、「ステップクルーズe」

 

bs20151105_0002

 

先日もお伝えした通り、

アルベルトに続いて、通学モデルとしても子乗せモデルとしても人気機種の

「ステップクルーズ」も前輪モーターにチェンジです。

 

 

続いては最上位モデルの後継、「フロンティアロイヤル」

 

フロンティアロイヤル

 

 

 

なんと、アシスト力最上位モデルの「アシスタロイヤル」も前輪モーターに変更。

センターモーターをやめた事で低床化できたそうです。

 

 

でもこれっていい決断になるのでしょうか~?

一番アシストパワーの強かったモデルを急坂に弱いフロントモーターに変えて…。

きつい坂のある地域にお住まいの方は2015年モデルを急いで確保しましょう。

 

 

最後に驚いたのがベーシックモデルの

「アシスタベーシック」

 

アシスタベーシック ブリヂストン

 

bs20151105_0001

私が切望していたボトムゾーンのモデルです。

2.9Ahバッテリー搭載の「アシスタライト」以来ですね。

オープン価格ですが、当時とほぼ同じ大体8.5万円(税別)で6.6Ahの容量です。

 

 

ふーん結構いいじゃん、6.6Ahってパナソニックと一緒だな~。

って思っていたらパナソニック製のユニットでした!

 

 

見た目は「PAS ナチュラS」だけど、中身は「ビビ・TX」

と面白い組み合わせ。

 

 

ちなみに「アルベルトe」もアシストプログラムは変更してくるみたいです。

バッテリーの容量アップ版も投入です。

 

 

という事で2016年のブリヂストンは従来のヤマハ製も

継続し、今年デビューの前輪モーターを拡充しながら

パナソニック製も採用してきました。

 

 

ちょっと前輪モーターをゴリ押しし過ぎのような気もしますが、

ブリヂストンにとってはチャレンジの年になりそうですね。