神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

あるメーカーの車輪(もちろん新車)

2015年10月23日

自転車は新車でも車輪の手直しが必要な事が結構あります。

 

 

例えばこれ

 

垂水区 自転車屋 修理 出張

 

あるモデルの新車のスポークニップルです。

28個中、半分くらいは削れちゃってバリが出ちゃってます。

 

 

パンクの原因にもなるし、これだけ機械が空転していると

適正な締め付けが出来ていないと思います。

 

 

中国の工場だから?機械そのものが悪い?オぺレーターの熟練度?

理由は不明です。。

 

 

当店で販売する自転車は全部確認し、

振れ取り、ニップル交換等の調整をしてお渡ししております。

 

 

昨日、パンク修理でお預かりした自転車。

普段のパンク修理ではまずしない車輪の振れ取りも実施。

 

キッスミニ バビー ビッケ アンジェリーノ プティット パンク ホイール スポーク

 

 

パンクが多いからでしょうか、お客さんもパンク防止剤で

対処されていたようです。

 

 

で、パンクの原因はスポークの張りが弱かったこと。

 

 

張りが弱いと段差などで車輪が変形し、スポーク(ニップル)がチューブを押します。

空気圧が高いとチューブもパンパンに膨らみますのでスポーク(ニップル)が

貫通したと言う訳です。

 

 

ホームセンターや量販店では、手間のかかるスポークの確認などしないところが多いでしょう。

 

 

原因不明のパンクが多い方、一度専門店で見てもらってはいかがでしょうか。

子乗せ電動自転車はかなり車輪に負担がかかるので、比較的多い事例です。