神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

ジオス プルミーノのメンテナンス

2015年10月1日

ジオスのミニベロ「プルミーノ」の前タイヤパンクと

前ブレーキワイヤーの固着修理でお預かりいたしました。

 

 

プルミーノは見た目と裏腹に走行性に優れたモデルです。

そのため、定期的なメンテナンスが欠かせません。

 

 

色々点検した結果、前後タイヤ・チューブ、チェーン交換となりました。

 

ジオス プルミーノ パンク

プルミーノは20インチでも大きい方の「451」と言うタイヤです。

451は細い幅のスリックタイヤがメインで種類も少なく、

街乗り用途のタイヤチョイスが難しいですね。

 

 

今回、使用用途を考慮しスポーツ性よりも耐久性重視のCSTの「C-948」をチョイス

ジオス プルミーノ タイヤ CST c-948 giza

価格も安くてゴムの肉厚もたっぷり。

 

 

ハンドルグリップもコルクのバーテープを使っていたんですが、

ビニールテープがびろーんとお疲れ気味。

 

 

巻き直しいたしました。

コルクグリップ

 

 

これでまた自転車への愛着が増えると嬉しいですね。