神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

肉厚チューブ

2015年5月4日

で当店では一般車のチューブ交換時、

標準の約0.9mm厚のチューブを1.2mmにアップした「肉厚チューブ」

を使用しています。

 

厚みを増すことで耐パンク性能をアップし、自然に抜ける空気も減少します。

でもあまりに厚みを増やしてしまうと重量が重くなりますので、1.2mmぐらいが

ちょうどいいと思います。

 

当店では「IRC」「ブリヂストン」「パナレーサー」「タイオガ」

等の肉厚チューブを使用しております。

 

この中で、「タイオガ」はタイヤメーカーでは無いのですが、

中身は世界最大の自転車タイヤブランド、「チェンシン(CST)」の

チューブですのでご安心を。

肉厚チューブ CST チェンシン タイオガ 垂水区 自転車屋 神川輪業

 

ちなみにブリヂストンの肉厚チューブもチェンシン製です。