神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

安全の為に

2015年4月10日

「タイヤ太く出来ますか?」

 

先月、お越しいただいた方から質問を頂きました。

自転車がフラフラしてチャイルドシートのお子様ごと倒れてしまったそうです。

 

ひゃ~危ない。車がいなくて良かったです。

 

詳しく自転車を確認していないので原因は分かりませんが、

確かに太いタイヤ装着することで安定する場合もございます。

デメリットも出てきますが・・

 

普通の26インチの軽快車タイプですので26×1-3/8というサイズです。

幅でいうと約37mmほどですね。

 

これを互換性のある太いサイズ26×1-1/2に交換することが出来ます。

幅40mmほどで3mmほどの違いですが、太くなるのがハッキリと分かります。

 

最近の電動自転車で装着しているモデルもございます。

重い自転車への対応ですね。

 

ブリヂストンやパナレーサーが出しているのは知っていたのですが

他メーカーも調べてみました。

 

・ブリヂストン・・・「Eマイティロード4.5」

当店参考価格3,000円(タイヤ1本、作業代別)

 

・パナレーサー・・・「ハードランナーⅢプラスタイヤ」

当店参考価格3,700円(タイヤ1本、作業代別)

 

・IRC・・・足楽

当店参考価格なし(取扱いが無いため)

 

・シンコ―・・・SR154ノイエ

当店参考価格2,800円(タイヤ1本、作業代別)

 

 

この中でオススメはブリヂストンかIRCでしょうね。

シンコ―は業務用自転車には合うかもしれませんが一般用途には硬さが。

パナレーサーは高すぎです。

 

 

26インチの自転車にチャイルドシートを取り付けている方で

同様の「フラフラする」といった症状がある方は

自転車を点検に出してみて、異常がなければタイヤのワイド化で

改善するかもしれませんね。

 

無理して乗り続けるよりも絶対いいです。