神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

自転車保険、義務化へ

2015年3月19日

昨日、兵庫県の自転車利用者に損害賠償保険の加入を義務づける

全国初の条例が可決、成立しました。

 

条例は4月1日から施行され、保険加入の義務化は10月1日から。

罰則はありません。

 

 

あ~、ついに来てしまいましたこの時が。

 

最近の自転車事故による高額賠償の影響です。

 

 

保険の最低金額など詳細はまだわかりませんが

「対人の補償」が必要なようです。

 

 

最近の判例を見ると5000万円の補償は最低限度見ておいた方がよさそうです。

 

 

現在、自転車保険でメジャーな物を評価すると(☆5つで満点)

 

・TSマーク(青)・・・☆☆:1000万円まで補償で対人のみ(死亡や後遺症の残る事故限定)

・TSマーク(赤)・・・☆☆☆:5000万円まで補償で対人のみ(死亡や後遺症の残る事故限定)

・ちゃりぽ・・・☆☆:1000万円まで補償で対人対物対応

・セブンイレブン・・・☆☆☆☆:1億円まで補償で対人対物対応。費用は高め

 

このうち、当店ではTSマーク(赤)を取り扱っております。

(TSマーク(青)は補償金額は低くあまり意味がありませんので。)

 

 

実はTSマーク、保険がメインではありません。

自転車を点検して、異常のない普通自転車に「TSマーク」が貼付され、

保険が付帯されます。

TSマークは2枚まで貼り付ける事が出来、その場合最高補償額が1億円に!

 

TSマークは自転車にかかる保険ですので、貼り付けてある

自転車を使用中の事故でしたら家族・友人などどなたでも対象です。

 

そして、TSマークのデメリットは下記の通りです

・通常のケガ程度では保険適用外(死亡や後遺症の残る事故に限定)

・対物賠償はない

・基本的に自身のケガには使えない(死亡や後遺症の残る事故に限定)

・普通自転車以外の競技用や特殊な自転車は対象外

 

 

補償が良いのは各保険会社から発売されている傷害保険の方が良いですね。

費用も高めですが・・・

 

交通安全協会はから「ひょうごのけんみん自転車保険」というものが4月から発売される

そうなのでそちらも検討すると良いかもしれません。(1年1000円~)

 

 

1人1人に合った保険をご選択くださいませ。

 

すでに加入されている方も安全運転で、
まだの方はお早目にご加入くださいませ。