神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

初めての幼児用ヘルメット選び(46cm~52cm前後)

2015年3月16日

チャイルドシート付きの電動自転車は買ったけど、ヘルメットはまだ

という方もいらっしゃると思います。

 

平成20年6月1日の道路交通法改正により、幼児および児童(13歳未満)に

対するヘルメットの着用努力義務が施行されています。

 

という事は12歳まで!ヘルメットの着用が義務付けられています。

 

正確には「着用義務」ではなくて「着用努力義務」としているのが

いやらしいですね~、着用しなくても罰則はありません。

 

 

さて、幼児用ヘルメット。

 

何を基準に選びます? 値段? 見た目? 規格?

色々あって悩みますよね~。 私もいつもワクワクします。

 

 

個人的に「安心・安全」でおすすめできるのはヘルメットメーカーが

作っているモデルと、自転車メーカーのオプションで購入できるモデルです。

 

ヘルメットメーカーといえば「OGK KABUTO」「BELL」「LAZER」などなど・・・

OGKなら「ピーチキッズ」 「メロンキッズ・S」が定番ですね。 SG基準適合です

 

BELLはアメリカの有名メーカーです 「ジッパー」 「ベリーノ」 「ズーム」 

とラインナップも豊富です。

SG基準は取っていないですがアメリカとヨーロッパの規格はクリアしております。

 

LAZERはレイザーと読みます。ヨーロッパのメーカーです 「ボブ」 「ピーナッツ」

などがあります。アメリカとヨーロッパ、オーストラリアの規格にクリア。

 

 

「餅屋は餅屋」とも言いますし、「ヘルメットはヘルメットメーカー」ですね。

 

 

続きましては自転車メーカーオプション品。

 

安心感という意味ではヘルメットメーカー品より上かもしれません。

「自転車メーカーが売ってるんだから安全でしょ」という感じに。

 

ブリヂストン・ヤマハ・パナソニックともに販売していますが、

メーカーオプションってメーカー内でも扱いが小さくて専用ホームページ

とか無いんですよね~。ヤマハなんてOGK「ピーチキッズ」そのものだし・・・

パナソニックもOGKのOEMだと思います。

 

という事でブリヂストンだけ紹介いたしましょう。

 

「コロン(メリーメットのカラーチェンジ版)」 「アンジェリーノヘルメット」

「ビッケ キッズヘルメット」

 

アンジェリーノヘルメットは帽体がデカいです。

安全ですが、スタイリッシュではありません。

ビッケのヘルメットはオシャレです・・・が、サイズ調整はダイヤル式ではなく、

厚みの違うインナーパッドを換えて調整しますので、微調整が出来ません。

コロンがベターチョイスです。

 

 

さて、最後はパーツ屋さんのヘルメットです。

キャラクター物やオシャレなものまでありますね。

SGマークやCE等の安全基準適合の商品を選びましょう。

 

有名なのは「TETE」「M&M」でしょうか。

 

 

 

まとめ

チャイルドヘルメットは安全な規格に通っていて、軽くて、

サイズ調整がしやすく、突起物の少なくて、通気性の良い、

気に入ったデザインの物を買いましょう。

 

垂水区 自転車屋 神川輪業 チャイルド ヘルメット