神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

昨日の続き

2015年2月2日

昨日の記事の続きです。

 

 

本日再びご来店になり、

パナソニックの電動自転車に乗り換えとなりました。

 

 

良い判断だと思います。

 

 

乗っていらっしゃった自転車はやはり中国製の物でした。

 

「WBL」というメーカー(?)の自転車のようです。

インターネット通販で3~5万円前後で見つかりました。

 

 

まず、驚かされるのがバッテリーの大きさと、
その影響による全長の長さです。

WBL 自転車 バッテリー

 

左のバッテリーが小さく見えますが8.7Ahと普通の容量です。

WBLのバッテリーはこれで7Ah。

 

全長も190cmに届きそうな長さでした。

WBL電動自転車

 

バッテリーの端子部は曲りが出ていました。

中国製 電動自転車 不具合 (1)

 

クランクも貧弱な作りで自転車の重さもあって1回の転倒で曲がってますね。

WBL ペダル

 

ブレーキの異常もレバーホルダーの交換で治りそうなんですが、

回生ブレーキ用のスイッチも組み込まれているタイプなので

中国製の自転車では部品供給されるのかわかりません。

 

 

とりあえず

どんなアシストするのか興味がありましたので
乗ってみました。

 
あれ?アシストしない・・・

 
と思っていたらペダルが1回転したぐらいから
ウイーンと作動しました。

 

これ、平坦ならいいですが、
坂道発進は重すぎて出来ないと思います。

 
で5mほど進んだところで急に電源が落ちました。

 
ん!? なんで!?

 
バッテリーをぐりぐりしてみると接触が悪いのか
電源が入ったり切れたり・・・。

 
ダメだこりゃ。

 
店を出て15m、羅生門の駐車場でギブアップしたのでした。

 

 

 

これ買うなら普通の3段ギヤの自転車の方がラクです。