神川輪業ブログ BLOG

神川輪業スタッフによるブログ。自転車屋の日々を発信しています!

世界の電動自転車事情

2015年1月3日

日本の電動自転車は時速24km以上のアシストは行いませんので

「ゆっくり」「ラク」にを前提に作られていますが、

海外の電動自転車は日本と法規制が違うため「速さ」「パワー」を

追求したモデルも多く、デザインも明らかに違いがあって面白いです。

 

 

ちなみに欧米では電動アシスト自転車の事を「e-bike」と言います。

 

 

まずは有名な「スペシャライズド ターボ」

specialized-turbo-s-電動

 

45kmまでアシストしてくれます。バッテリーはフレーム内臓でスタイリッシュ!

値段は5,000ドル以上・・・。

 

 

こちらは「BMW」

BMW 電動

ヨーロッパでは定番の「BOSCH」製のユニットを搭載しています。

 

 

「メリダ」は既存の自転車にも後付けできそう。

メリダ 電動

 

 

これなんて電動に見えません

VELORAPIDA

お値段1,700ユーロ

 

 

欧米で日本のメーカーはどうしているか?

というと

シマノ 電動1

パナソニック 電動

 

頑張って売込み中!

 

ヤマハもジャイアントに供給し始めております。

 

 

ヤマハは一昨年、ローバイクモデルを東京モーターショーに参考出品してまして

これがけっこうカッコいいんです。

ヤマハ ロード電動自転車

 

まだまだ進化していきそうですね。

 

今年はどんな電動自転車が出てくるのかな?